タオルソムリエの休日 佐田岬のサバ釣り

つい先ほどまで父の吉蔵と佐田岬へ行って参りました。天気予報では風が強いと言ってなかったのに、実際釣り場へ行ってみるとなかなかの強風。再び風邪をひいてしまうのではないかと心配性なタオルソムリエ義則でございます。

佐田岬

断崖絶壁の美しい景観を見せる佐田岬(愛媛県西宇和郡伊方町)の地磯です。普段美しいこの景観も、強風波浪注意報や台風が近づくと一変し、死傷者が出るほど危険な場所となります。父の吉蔵は友人の波平さんと共によくこの場所へ行くそうで、様々な体験談をよく聞かされます。

今回たまたま私のスケジュールが開いたので、この場所へ父と共に同行することに。私は集中力が続かず寒がりな人間なので風の当たらない岩陰にブルーシートを敷いて時々仮眠をとりながら釣りをしました。温かい飲み物がほしいところですが、険しい山を下りないと行けない場所なので水筒の持ち込みも困難です。さらに激流のように潮の流れが速いので休憩しながらでないとすぐ疲れます。そのうえ寒いんです(泣。この場所は晴れてる日だと九州方面が見えるほどで、ここで釣れるサバは関サバに近いほど美味しいと皆口を揃えて言います。

サバ

釣りを開始して2時間経過した頃、ようやく本命のサバをゲットすることができました。父の話によると例年12月頃になると40cm前後のサバが上がるようですが、今年は何故か型が小さいらしいです。でもサバはやっぱりサバですね。焼いて食べると最高に美味しい魚です。

私がこの一匹を釣る間に、父の吉蔵はアジやサバを大量に釣っていました。アジなんかは釣れ過ぎで殆どキャッチ&リリースです。さすが良い歳してこんな場所に一人で来る集中力を持っているだけのことはあります。私にはとても真似できませんね。

おふぅ。

最後までタオルソムリエの
ブログを読んで頂き
ありがとうございます!
ランキングに参加してます
押して頂けたら嬉しいです(^^)/



山ガールランキング

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA