自家製オーガニックコットン(綿花)の栽培5

自家製オーガニックコットン(綿花)の栽培5

今年も残すところ、あと10日となりました。

そういえば最近綿花の写真を撮っていないなぁと気づき、慌てて撮ったのがこちらです。

綿花

2015年12月21日撮影。知人の隼人さんから頂いた綿花は約4ヶ月経過し、左の鉢で約45cm、右の鉢で約30cmほどの高さになりました。それにしても同じ日に隼人さんから頂いた綿花苗だったのに、なんでこんな差がつくのでしょうかね。鉢の形状が関係するのでしょうか・・・謎は深まるばかり。

あと写真では分かりませんが、雪が降りそうな寒い中でもアブラムシが沸いています。上半期に野菜を育てていたとき買ったマラソン乳剤を使って散布すれば害虫駆除もできるでしょう。でもできれば、農薬や化成肥料を使わずここまで育ててきたのでオーガニックコットンとして収穫したいのです。ここまでくるともう意地ですね。

自家製オーガニックコットンボールの収穫までには、まだ少し時間がかかりそうです。

綿花

左の鉢にできた綿花の実のサイズを測ってみると、付け根から先端までで約3.5cmあります。

綿花

右の鉢にできた綿花は約4cmほどもありました。こちらの鉢のほうが高さも10cm以上低いのに何故か実だけはひと回り大きいのです。そしてよく見ると、花が咲き終わった直後より紅くなっているのが分かります。まるで紅葉しているかのようです。

紅葉

石鎚山中間地点で撮った紅葉と、今現在の綿花の色づき方がよく似ているんですね。

有機肥料 綿実油粕

綿花の栽培には、農薬や化学肥料は一切使わず、肥料として天然有機肥料の綿実油粕を使用しています。隼人さんが勤める某種苗屋さんで安く譲ってもらったものです。

最後までタオルソムリエの
ブログを読んで頂き
ありがとうございます!
ランキングに参加してます
押して頂けたら嬉しいです(^^)/



山ガールランキング

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA