今治タオル美術館の工場見学

タオルソムリエ資格試験に合格するとタオルソムリエ研修会やタオル工場見学ツアーに参加できるようになります。とは言っても年に何回もやっているわけでなく予定を合わせるのも難しいものです。実際私も仕事で行けませんでした。むふぅ。

高速自動車道の東予丹原インターから程近い場所にある今治タオル美術館に行けば、館内に工場見学ブースがあるので最新鋭の自動織機によるタオル生産の様子を見ることができます。また工場見学ブースでは、横糸を高速で打ち込む装置があり、高速稼動の仕組みが理解できるようになります。

近々私も今治タオル美術館に足を運ぶ予定ですが、お試しでまず今治タオル新春福袋を買ってみました。これは福袋に入っていた今治タオルのフェイスタオルです。

今治タオル

残念ながらジムとかで気軽に使えるようなタオルではありませんが、今治タオルのロゴマークも付いており、吸水性抜群です。可愛らしいデザインですから、娘にあっという間に取られてしまいました。

工場見学は行けても体験学習がない・・・またつまらぬ欲望が沸いてきました。自分で織機を使って織物を生産してみたい。このような欲望が頂点に達した頃、ある日私は不思議な夢を見たのです。

織物生産

気が付けば、私はとある工房で織物生産をしていました。水に漬けて5秒以内に沈むような精度の高い今治タオルは織れなくても、手先が器用な私ならそこそこお洒落なタオル製品を作り出せるだろう。そう思いつつ必死に織物生産に取り組み、この日ようやく夢を叶えられる瞬間がやってきたのです。

織物完成

完成したのが、こちらの防止・・・いやいや帽子(フルフェイス)です。そもそもこれは帽子なのでしょうか。疑問も残りますがまぁ良しとしましょう。

すれ違ったみんなが思わず振り返って二度見してしまう。ある意味、この秋注目のトレンドアイテムといえるでしょう。街を歩けば似たような帽子かぶった貴婦人をたまに見かけます。特に黒が多いですね。私はこんなものをかぶる勇気などとてもございませんが。

最後までタオルソムリエの
ブログを読んで頂き
ありがとうございます!
ランキングに参加してます
押して頂けたら嬉しいです(^^)/



山ガールランキング

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA