タオルソムリエ 過去問題2015-6

過去問題は全て覚えておりませんので、一部改良を加えたものもあります。

【問21】
欧米向けにつくられているタオルは主に、筬40番で糸すべてに(   )を使用し、㎡重量300g前後の生地を標準としてパイル糸の種類を変えただけのものが多いのです。こういったタオルを使いたがらない方が日本産タオルに注目するようになりました。

【解答群】
5/1、10/1、20/1、30/1、40/1

【問22】
綿の染色には、(   )が主に使用されており、弱アルカリの条件で反応します。

【解答群】
反応染料、脱色染料、漂白染料、酸性染料、弱酸性染料

【問23】
色の修正のうち、大きく色ブレをしたものや濃度が濃く挙ったものに関しては、色を(   )して行います。

【解答群】
染色、脱色、漂白、変色、混色

【問24】
(   )は、原糸の綿繊維が持っている油脂分、蝋質、ペクチン質などを落として、綿が本来持っている吸水性を引き出し、同時に、糸に付着している不純物や汚れを取り除く加工です。

【解答群】
錬条、粗紡、精紡、精錬、糸染め

【問25】
一般的なタオル生地は、パイルの部分、織り方向の最初と最後の端の平織りの部分(   )、耳部分から構成されます。

【解答群】
ヘム、トム、サム、コム、ノム

タオルソムリエ義則

【解説】
しばらく仕事が忙しかったので土日か平日か感覚が分からなくなっていました。さらに土日だと普段より早くジムが閉店することに気づかず夜遅く行ってしまい、入り口付近でしばらく立ち尽くしてしまいました。歳をとってしまったなぁと感じてしまう今日この頃。タオルソムリエ義則でございます。

最後までタオルソムリエの
ブログを読んで頂き
ありがとうございます!
ランキングに参加してます
押して頂けたら嬉しいです(^^)/



山ガールランキング

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA