自家製オーガニックコットン(綿花)の栽培3

先日、家の近所に巨大な隕石が落ちる夢を見ました。

普段それなりの運動強度で心拍トレーニングしている私でも、その時ばかりは心臓をバクバクさせながら夜中に目を覚ましてしまいました。綿花(コットンボール)を収穫する前に隕石なんかで死にたくない、そう願うばかりのタオルソムリエ義則でございます。

そういえば我が家の畑もすっかり秋色となってきました。

畑

来年の春を迎えるまでに土を再び耕し、元肥を施し、新しい野菜苗を迎える準備をしなければなりません。畑作業をする時は今治タオルを首に巻いておくと動きやすいものです。そして野菜を育てるということは外からの獣の侵入も対策しないといけないので写真のような強力な電気柵が時に必要になることもございます。このような市販で売られている電気柵は、動物が触れるとかなりの衝撃を感じるようですが、人間が触っても大したことありません。私も実際に触ってみて人間に大きな害がないことを確認しております。でも良い子のみんなは、このような看板を見かけたら決して触らぬようお気をつけくださいませ。

夏の畑

そして夏を迎えるころには、我が家の畑も写真のようにびっしりと生い茂り、足の踏み場もないほどに緑に満ち溢れた癒し空間となります。緑に満ち溢れ、蚊にもたくさん囲まれる素敵な癒し空間でございます。

そういえば先日に綿花開花写真を撮れず終わってしまった実も、2週間を過ぎたところで感じの良さそうな形に仕上がってきました。

綿花栽培

2015年10月31日撮影。

綿花栽培もいよいよ終盤、コットンボール収穫のカウントダウンが始まったところでしょうか。害虫が依然として多く、農薬を使って駆除したい。でも自家製オーガニックコットン(綿花)の栽培として日記をつけている以上、このまま無農薬栽培を続けたいと思います。

そしてできれば隕石が落ちてくるような夢でなく、ふわふわのコットンボールに囲まれて優雅な朝を迎えられるような、そんな日が来ることを私は願ってやみません。

最後までタオルソムリエの
ブログを読んで頂き
ありがとうございます!
ランキングに参加してます
押して頂けたら嬉しいです(^^)/



山ガールランキング

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA