タオルソムリエ 過去問題2015-2

第10回タオルソムリエ試験過去問の一部です。
問題文全ては覚えていませんので一部改変しています。

【問1】
私たちがイメージするパイルに近い独創的な構造の織物は、ハーレムがあった時代の女性たちによって暇な時間を利用して考案されました。時は17世紀まで遡り、ハーレムがあった(  )で考案されたのです。

解答群
トルコ、エジプト、イラク、中国、蒼社川

【問2】
日本で初めてタオルが輸入されたのは1872年(明治5年)の(  )税関であり、「浴用手ぬぐい2ダース7円60銭」と記されています。

解答群
東京、京都、大阪、愛媛、今治

【問3】
どなたでも安心安全に使え、地球環境に対応したタオルも増え始めた近代、原料や品質をはじめ、生産工程の管理する能力が(  )に求められています。

解答群
ユーザビリティー、トレーサビリティー、トースト、トレイ、トイレ

【問4】
わずか4台の織機を持ち、今治タオルづくりをはじめた(  )は、早い時期から泉州タオルの将来性に着目していました。

解答群
柳瀬義達、柳瀬義富、柳瀬義則、矢野七三郎、安部平助

【問5】
(  )科ゴシピウム属の亜熱帯植物である綿は、元々多年草ですが、日本特有の気候の中では越冬させるのが難しく、一年草として育てられます。

解答群
アオイ、アホイ、アポイ、アプイ、アププ

タオルソムリエ資格試験

【解説】
歴史的な問題について特に人名を記憶するのは大変です。タオルソムリエ義則は、矢野ネル、バッタン三郎、ジャカード中村みたいな感じで人名と重要キーワードをくっ付けて頭に叩き込みました。芸名みたいな覚え方にすると頭に入りやすいです。

最後までタオルソムリエの
ブログを読んで頂き
ありがとうございます!
ランキングに参加してます
押して頂けたら嬉しいです(^^)/



山ガールランキング

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA