石鎚山天狗岳登山と紅葉

秋の石鎚山紅葉観光(お一人様)第二回です。

石鎚神社頂上社まで登ってしまうと休憩して引き返すものですが、
探究心の強い私は、この先にある危険度の高い天狗岳頂上へと進みます。

石鎚山天狗岳

目の前にある鎖をつたって降りれば、天狗岳登山ルートを進むことができます。

石鎚の中で難所と思われる場所が、今回紹介する天狗岳頂上の真下付近。

今までの崖であったような手すりや鎖などは全くなく、
手足の筋力をうまく使って岩を登っていかなければなりません。

前を向けばこんな傾斜のきつい岩が待ち構えていますし、

石鎚山天狗岳付近

後ろを向けばこんなだし・・・

石鎚山天狗岳付近

何より驚いたのは、このような難所でも果敢に進もうとする老夫婦がいたことです。

目の前にいた老夫婦があたふたしながら必死に前に進もうとしています。

山登りに不慣れな私は、このような場所だとヘルプすることができません。

先日取ったばかりのタオルソムリエの資格も、山登りでは役に立たないので
隅のほうで体育座りしながら、ただただ見守ることしかできないのです。

幸いにもこの日は晴天だったので、安物の靴でもそれほど滑らず苦になりませんでした。
天気が悪い日とかだと滑りまくって難易度もグッと上がることでしょう。
この辺り一体は滑落事故が多いので、ある程度の体力と慎重さが要求されます。

そして、この難所を乗り越えると終に天狗岳頂上到達です。

天狗岳頂上

石鎚の下のほうはまだまだ緑で生い茂っておりますが、
この辺り一体は見事に紅葉しており、素晴らしい眺めです。

雲が下のほうに見える景色を眺めていると達成感で満ち溢れます。

石鎚山頂上

素晴らしい眺めと開放感で、しばらく感動に浸っていた私は、
今治タオルを首に巻いていたのをついつい忘れてしまい、
ポケットに入れていたティッシュで顔の汗を拭いてしまいました。

次回は石鎚山登山途中にある、鎖を使った崖登りレポートを紹介します。

最後までタオルソムリエの
ブログを読んで頂き
ありがとうございます!
ランキングに参加してます
押して頂けたら嬉しいです(^^)/



山ガールランキング

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA