「君の名は。」アニメ映画レビュー

こんにちは。

夏本番ということで、今日は今夏ぴったりのアニメ映画を紹介したいと思います。

 

アニメ「君の名は。」を見ました!

人気アニメ「君の名は。」が、興行収入249億円の大ヒット!

そしてついに、全国のTSUTAYAでも昨日からDVDレンタル開始されました。

これだけ社会現象を巻き起こした人気アニメですから、義則も早速借りて見ることに。

 

「君の名は。」のストーリーとレビュー

東京の男子高校生「瀧(たき)」と、田舎で暮らす女子高生「三葉(みつは)」は、突然、お互いの体が断続的に入れ替わるようになったことに気づく。

2人はスマホのメモなどを活用して入れ替わり時のルールを決め、それぞれの生活を送るが、ある日を境に入れ替わりが途絶。

瀧は目に焼き付けた風景や記憶を頼りに三葉を探す旅に出る。

 

時空と世代の壁を超えた恋愛活劇

「君の名は。」は、年齢問わず全世代が楽しめるラブストーリー。

あの日、星が降った日。

それは、まるで夢の景色のように・・・美しい眺めだった。

時間軸の概念を飛び超え、時空の向こう側へ飛び超え、お互いの想いが徐々に共鳴し始める瀧と三葉。

大人からの視点だと、

あの日、あの時、違った選択をしていれば、今はどんな人生を歩んでいたのかな・・・

このアニメを見ることで、そういった複雑な感情が湧いてくるかもしれません。

そして若者たちからの視点。

これからのこと、大切なことを伝えたいのに、どうしてあの大人たちに伝わらないんだろう。

どうしてあの大人たちは理解してくれないんだろう。

達成できない歯がゆさなど、物語の過程でストレス溜まるシーンもあります。

でもそれだけに応援したくなることが多く、若い世代にとって共感できることも多いと思います。

単なる恋愛活劇ではなく、複雑な人間模様を細かく描写し、繊細な若者たちの心を捉えたアニメになると数少ないでしょう。

「言おうと思ってたんだ。

おまえが世界のどこにい・・・(略)

あなたは誰・・・?

おまえは誰だ!」

「君の名は。」は、時を超えて、世代という枠を超えて感動する恋愛活劇です。

 

アニメ「君の名は」レビュー

先ほどの記事でお伝えした、

あの日、あの時、違った選択をしていれば、今はどんな人生を歩んでいたのかな・・・

今回のような物語の中では人生のリセットができても、現実はそうなりません。

義則が気持ちを高めたい時には、過去の記事でお伝えしたような動画を見ます。

例えば今回の「君の名は。」がテーマなら、カバー曲も聴いてみたり。

 

君の名は(Kimino nawa) – スパークル(Sparkle)

歌っているのは、Raon Leeという韓国出身の方です。

不覚にも曲終盤の「生きていこう」の部分で泣きそうになった、タオルソムリエ義則でございます(泣)

原曲も良いですが、カバーも聴いてみるとまた違った雰囲気が楽しめますよ。

また、こちらの癒しのヒーリングCDもおすすめ!(試聴できます

↓↓↓

 

はっ!!

お約束のタオルがまだ紹介できていないっ!

申し訳ないと思いつつ、「君の名は。」に相応しいタオルも探しましたが、残念ながら見つからず。

タオルは、また次の機会に紹介したいと思います。

むふぅ。

 

最後までタオルソムリエの
ブログを読んで頂き
ありがとうございます!
ランキングに参加してます
押して頂けたら嬉しいです(^^)/



山ガールランキング

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA