オーガニックコットン綿花(ワタ・木綿)の栽培8

自家製オーガニックコットン綿花(ワタ・木綿)の栽培8

風邪で体調を崩してから早6日。今日になってようやく回復し始めました。これでまた今日からいつものようにジョギングできるかと思いきや、来週には冬一番の寒波到来で既にぐったり気味のタオルソムリエ義則でございます。

綿花(ワタ・木綿)断面

さて、1月12日にツボミを切り取って放置していた綿花ですが、2日経って再び見てみると、下の写真のようになりました。

綿花のつぼみ断面

たった2日でカラカラに乾いた状態になりました。最初に撮ったものと比べると、より綿花(ワタ・木綿)らしくなってきたのではと思います。本来であれば、7月~8月頃に開花し、9月頃にツボミが弾けてコットンボールになるという結果になる予定でした。残念ですが、これらの画像はカッターで切ってから撮った断面写真になります。

20160115a

そして本日、さらに分解しまして綿と種とに分別してみました。ネットで調べると自然に取れる種はコーヒー豆のように焦げ茶色っぽい色のようですが、無理やり取ったものですから色味のない弱弱しい感じが伝わってきます。

冒頭にも書きました通り、来週は冬一番の大寒波が到来しますので越冬させることも視野に入れないといけません。綿花は通常12度以上の気温であれば越冬できるのですが、来週の気象予報を見ると中ごろから最高5~6度、最低0度の日が連続しています。せっかくここまで育てたので、なんとか半年後に綺麗なコットンボールを収穫したいものです。自家製オーガニックコットンボールを。

気が付けば、春ももうすぐ見えそうなところまで来ています。そして無事に春を迎えることができれば綿花も息を吹き返し、夏にはきっと大輪の花を咲かせてくれるでしょう。

ここで元気の出る、おすすめのカバー曲「花」を紹介します。

最後までタオルソムリエの
ブログを読んで頂き
ありがとうございます!
ランキングに参加してます
押して頂けたら嬉しいです(^^)/



山ガールランキング

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA