金剱宮

愛媛の四国霊場・観光スポット > 金剱宮(きんけんぐう) お守り
 

金運神社で一躍有名!



石川県白山市にある、金剱宮(きんけんぐう)

ここからだと遠いのでネットで金剱宮(きんけんぐう)のお守りを注文しました。


住所:石川県白山市鶴来日詰町巳118

金剱宮(きんけんぐう) お守り

おみくじ 大吉


金剱宮(きんけんぐう)に参拝すると、金運が上がる。

インターネットでそんな噂が流れているようなので

私もその噂に乗ってみたいと思います。

白山の

お守り持てば

福来たる♪


BY 吉蔵

よしぞう


金剱宮(きんけんぐう) 由緒

崇神天皇3年、(紀元前95)の創建、剱集落の発生と時を同じくして鎮斎せられた。古くは「剱の宮(つるぎのみや)と称し、明治以降「金剱神社」の社名が用いられた。時代により、金剱神社、金剱明神、剱明神と呼称される時期もあったが、現在は官号に復し、「金剱宮」と称している。平成17年(2005)御鎮座2100年祭が執行された。
「鶴来」という地名の文字は、江戸時代の元禄以降使用されたものであり、元来は「剱」または「剣」と記したことから、地名と社名とが一致した代表的な事例といえる。
神社は鎮座地を動くことなく現在に至っている。
『白山記』、『源平盛衰記』などによれば、金剱宮は古来白山七社の一つに数えられ、白山本宮、三宮、岩本宮とともに本宮四社とされ、金剱宮は白山第一王子と称されている。
尚武の神、身命守護健康の神、生業繁栄の神として信仰が篤く、寿永2年(1183)木曽義仲が倶利伽羅谷決戦の大勝を奉謝し、鞍置馬20頭を寄進している。


金剱宮(きんけんぐう) 境内




2012年の元旦当日は、生憎の雨で初日の出を撮ることができませんでしたが

初詣の写真撮影は無事完了。

今日は佐田岬の初釣りが終わった直後の初詣だったので少し眠かったのですが

この日は、おみくじで運良く大吉を引いたので眠気が吹っ飛びました!

>> 伊佐爾波神社(いさにわじんじゃ) 初詣

>> 椿神社 初詣





吉蔵

吉蔵の川柳と俳句