愛媛の四国霊場・観光スポット > おおず赤煉瓦館
 

近代化を目指した明治の時代を楽しむ


大洲商業銀行として使われていたおおず赤煉瓦館は、

明治の時代に赤いレンガを使って建てられた色彩鮮やかな建物です。

おおず赤煉瓦館

本館1階には、大洲の特産物や地元の職人による手作りの雑貨などが販売されています。

手作り特有の色使いは独創的で、大量生産では見られない個性があり、

しばし時間を忘れて職人の温もりを感じながら過ごすことができます。

大洲赤レンガ館

中庭に出ると、より一層ヨーロピアンな雰囲気に包まれます。

本館から出てすぐに、れんが資料室入口があり、

当時銀行として使われていた頃の写真や各国の煉瓦を見ることができます。

煉瓦資料室

煉瓦館の壁面には、

煉瓦を焼き上げた際に付いてしまった職人の指の跡や

煉瓦工場で製造された証となる刻印などが残っています。

中庭でヨーロピアンな雰囲気に包まれながら

こういった跡や刻印を探すのも一つの楽しみとなりそうです。

刻印



おおず赤煉瓦館(大洲赤れんが館)

場所:〒795-0012 愛媛県大洲市大洲60番地

開館時間:午前9時〜午後5時まで

休館日:12月29日、30日、31日

料金:無料

赤煉瓦館別館:大人200円、小人100円

おおず赤煉瓦館の奥には、別館(有料)の建物があります。

別館にはシネマコレクションや鉄道おもちゃコレクションなどが展示されています。

おおず赤煉瓦館別館に移動する。

赤煉瓦館別館

>> おおず赤煉瓦館 別館

>> 四国カルスト 天狗高原

>> 総合科学博物館 産業館

>> 総合科学博物館 自然館

>> 萬翠荘(ばんすいそう)





吉蔵

吉蔵の川柳と俳句