松山市立子規記念博物館

愛媛の四国霊場・観光スポット > 松山市立子規記念博物館 愚陀佛庵(ぐだぶつあん)
 

新時代「明治」を生きた、正岡子規の物語を見ることができる



道後温泉で有名な街にある松山市立子規記念博物館

住所: 松山市道後公園1−30

開館時間:5月1日〜10月30日(午前9時から午後6時) 11月1日〜4月30日(午前9時から午後5時)

休館日:月曜日、祝日の翌日、12月29日〜12月31日


入り口付近

道後公園の緑と調和し、ひっそりと佇む博物館。

館内では、実物資料をはじめ、レプリカ、パネル、映像などが展示されており、

明治時代の近代文学を見ることができる。



入り口から2階へ上がると、展示フロアになります。

展示フロア入り口付近には、愚陀佛庵(ぐだぶつあん)の復元モデルが展示されています。

愚陀佛庵(ぐだぶつあん) 庭

靴を脱いで上がってみると・・・

当時の時代に戻ってしまったかのような錯覚に。




子規は何を思い、この部屋で俳句を書いていたのだろうか。


愚陀佛庵(ぐだぶつあん) 茶室

部屋に入った私は、ここで俳句を一句。

秋の日に

愚陀佛庵で

子規想ふ


BY 吉蔵

よしぞう

愚陀仏庵の案内

展示フロア

愚陀仏庵の前には看板が立っていました。

庵内および庵の外観はご自由にご撮影ください

【お願い】

○縁側・庭へ出ることはご遠慮ください。
○ほかの展示物の撮影はご遠慮ください。
○入室は一度に10名様以下でお願いします。

愚陀仏庵以外の展示物は

撮影禁止のようなので残念ながらここまでです。




館内では、特別展「なじみ集」が開かれている。

子規が馴染み深い俳人の俳句を集め筆記したなじみ集

子規を含む俳人98名の4,000句以上がこの書に書き記されており

館内を周れば当時の時代背景や明治文学にも触れることができるだろう。

また実資料を見ながら様々な観点から、幻の書といわれるなじみ集の

新しい事実や解明すべき謎を見ることができる。


特別展 なじみ集 第3回 幻の書の謎を追う

3階特別展示室 展示期間

平成23年12月17日(土)〜平成24年1月22日(日)


>> 松山市立子規記念博物館の外に移動する







吉蔵

吉蔵の川柳と俳句