愛媛みかん・柑橘の種類





















甘平は2007年に新品種として登録された
ばかりの、生まれたての柑橘。
紅マドンナに続く、愛媛生まれのフルーツです。
画像で見て分かるように、非常に皮が薄く、
成長過程で果肉の成長に追い付かず
皮が裂けてしまいます。
新品種の為、生産者が少ない事と、
栽培の難しさから、まだまだ数の少ない品種なんです。









甘平は「西之香」と「不知火(デコポン)」を親に持ち、その甘みと扁平な形から「甘平」の名前が付けられました。
西之香からは
プチプチの果肉、西之香にも引き継がれている、清見タンゴール由来のジューシーさと香りを。

不知火(デコポン)からは、
その食味の良さを。

香りも良くぷちぷちサクサクとした食感が心地よい、味の濃い柑橘として誕生。
その味と希少さから、一般的には高級かんきつとしてこの時期から「せとか」と肩を並べています。