愛媛みかん・柑橘の種類


















「ダイヤオレンジ」は、正式名「大谷伊予柑」。
一般的な(宮内)伊予柑の枝変わり(突然変異)
から生まれた品種です。
ごつごつとした見た目の通常の伊予柑と違い、
滑らかで艶のある表皮。
実際に、すべすべで心地よい手触りです。
伊予柑に比べ、香りは大人しいですが、
まろやかな味わいも魅力の一つです。















ダイヤオレンジは、その見た目の良さ
食味の良さから、一時期沢山の農家で
作られていました。

しかし、問題は栽培の難しさにありました。
大谷伊予柑は弱い品種で、皮にもキズが付
き易いため、1玉1玉に袋掛けが必要です。
手間のかかる栽培方により、年々収穫数が
減っていったのです。
近年になり、注目を浴びてはきましたが、
他の柑橘に比べ、市場に出回っているのは
極僅かと言えるでしょう。