> 愛媛の釣り情報 > 佐田岬のカゴ釣り2013二名津
 

人生で最も長い一日になりそうだ2013年版 後編



佐田岬の地磯 二名津 9月27日 晴れのち曇り


愛媛県の佐田岬灯台の撮影から始まり、長浜漁港でのアジ釣り失敗、

そして地磯 二名津へとハシゴ敢行。

今日は人生で最も長い一日になりそうだ・・・

どこかのキャッチフレーズで見たような

今日も長い長い一日となってしまった。

長浜〜二名津への移動途中、見晴らしの良い場所を見つけて一枚パチリ。

佐田岬

川柳


いつ来ても

眺め良きかな

佐田岬


吉蔵の川柳と俳句

よしぞう

そして午後6時過ぎ、少し薄暗くなってきたところで二名津に到着。

山と崖の上り下りが必要な場所だけあって、こちらは釣り人が一人もいなかった。

釣り道具一式、ロッドケース、氷入りクーラー、オキアミ2ブロックとジャミ入りバッカンを持ち

ハァハァ言いながら山と崖を降りて行った。

フレンド柴田さん情報では、25cmほどのアジがよく釣れるとのことだったが

今日はどうだろうか。


午後7時過ぎ、辺りが暗くなったところでカゴ釣り開始。

すると数投目で20cm前半クラスのアジが早速釣れた。

さらに30分後、長い時間ウキを消し込むアタリが来たので慎重に慎重に寄せてみると

36cmの良型アジが釣れた。


瀬戸アジ

結果から言ってしまうと、今日釣れた最大サイズが、このアジになってしまった。

このアジ以降は、情報通り20cm前半から25cm位までのゼンゴサイズばかり。

稀に30cmクラスのが混じることもあるが、

20〜30匹釣って1匹良型が混じるかも?といったところである。

ゼンゴサイズを数十匹釣ったところで帰りの崖と山登りが困難を極めるので

5匹だけ残して全てリリースした。

この日ゼンゴサイズを何匹掛けたのか覚えきれないくらい釣ってしまったが、

普段三瓶で豪快なファイトを楽しむ吉蔵には、少し物足りなさを感じる一日でもあった。

それでもウキを流している時、ピクピクピク・・・ストンと消し込むようなアタリを見るのは面白い。


そして午前3時過ぎ、体力の限界に達して納竿。

週4日トレーニングジムに通う吉蔵は少しばかり自分の健脚に自信を持っていたが

今日の佐田岬灯台撮影〜長浜アジ釣り〜二名津カゴ釣りのハシゴは少々きつかった。

駐車場から灯台までのアップダウン付き遊歩道片道1800mだけで思ったより体力を消耗してしまい、

後々まで響いてしまった。

おまけに灯台へと続く遊歩道の入り口付近には、

スレキズありの清見タンゴール(みかん)を1個100円で売ろうとする婆さんが大きく立ちはだかる。




この難所を見事乗り越えた勇者のみがゴールに辿り着くことができるのである。





>>佐田岬のカゴ釣り 長浜の釣行記に移動する。




<二名津での釣果>

アジ 36cm 1匹

アジ 20cm〜25cm 数十匹(測定不能)