> 愛媛の釣り情報 > 銚子ダムのブラックバス

4インチグラブでブルーギルも狙ってみる



伊予郡砥部町 銚子ダム 4月15日 晴れ


1月〜2月は厳寒期で釣り辛く、

3月〜4月は水温が下がる為、思うように釣果を出せない日が続く。

今回も海への釣行は避け、愛媛県伊予郡砥部町の山奥にある銚子ダム公園へ向かうことにした。

銚子ダム公園には綺麗に清掃されている公衆トイレがあるので、

カップルにもおすすめできる釣りスポットの一つである。

ワシも若い頃は、嫁と二人で銚子ダムによく来たものだ。

結婚し、子供も大きくなった今は誘っても断られるのだが・・・(泣)


釣りの俳句


日曜日

釣りに誘うも

断られ


吉蔵の川柳と俳句

よしぞうの嫁

4月15日午後4時前、到着。

松山城に咲く桜の花は既に散り始めているが、

銚子ダム公園の桜は約1週間遅れでようやく満開となった。

銚子ダム公園の桜

日曜日ということもあってか、公園側広場では多くの花見客で賑わっていた。


今回用意したバスロッドは、

前回と同じダイワのハートランドZ 601MLXS-Sti(3/8oz対応)だ。

リールの糸も前回の巻き替えから10年以上経っていたが、

今回気分をリフレッシュして巻き替えを行った。

使用する糸は、レグロンPOWER FC フロロカーボン 6lb(1.2号)

150mラインを半分に切り、巻き直して使えば当分買い替えも必要ないだろう。

ライン巻き替えして気分上々の私は早速、正面の岸から攻めることにした。


正面の岸でバス釣りを開始してから約1時間。

ゲーリーヤマモト4インチグラブのノーシンカーで攻め続けるもアタリなし。


今日は、どっピーカンなので正面の岸だと釣り辛い。

夕方が近づいていたが、影の多いスロープ側へ移動することにした。

今日は桜が満開なのでスロープへ移動中もポチッと撮影。

銚子ダムの桜


午後5時前、銚子ダムのスロープに移動。


スロープ

こちらは既に陰になっていたが、陰から見る桜もこれまた美しい。

4インチグラブをセンコーのノーシンカーに替えて、カバー(際)を狙ってみると1投目でアタリがきた。

取り込み直前に水面で跳ねるしドラグも鳴らされ、なかなか元気が良い。

上げてみると・・・

34cmのブラックバスであった。

桜バス
釣りの俳句


ダム行けば

ドラグ奏でる

桜バス


BY 吉蔵

よしぞう

さらに15分後、対面側の岸のカバーに向かって投げてみると

またまたヒット。

上げてみると・・・



28cmのブラックバスであった。


小ぶりサイズのバスであったものの、

2/0の特大フックで釣れてしまうのだから不思議なものだ。

そして何より、桜をバックにしたブラックバスの写真は絵になり美しい。

このあと、更に攻め続けるもアタリが途絶えてしまったので再びダム正面に移動。


午後6時から夕まずめタイムに突入し

4インチグラブと1/0のフックの組合せに変更して攻め続けるもアタリなし。


シャロー(浅場)を攻めるとブルーギルのような小さいアタリはあったものの

時間は午後7時を過ぎ、周りも見えにくくなってきたので納竿。



<本日(銚子ダム)での釣果>

ブラックバス 34cm 1匹

ブラックバス 28cm 1匹



銚子ダムに着くとまず目に入るのがボート禁止の看板である。

しかし、よく読めば「モーター付ボート」と「ラジコンボート」に限定されている。

6月の水位の上がりやすい時季に、手漕ぎゴムボートを使ってカバーを攻めれば更に楽しいだろう。

バス釣りブームのピークとなった10年前と比べればアベレージが若干下がった感も否めないが、

桜をバックにしたブラックバス釣りは絵になり、楽しい1日であった。


釣り日記と俳句を融合させた「愛媛の釣り情報」

一部の方々に評判の俳句集を作りましたので、よければご覧下さい。

>>俳句集のページに移動する。