> 愛媛の釣り情報 > 西予市三瓶町で真鯛(マダイ)狙い!パート4 愛媛の釣り情報

三瓶町で再び真鯛(マダイ)を狙う!


西予市三瓶町 3月27日 晴れ


長かった2012年の厳寒期も終わり、

ようやく春が見えてきた。

わしも週約5日のレフコ松山衣山店通いにより

ようやく膝も長いランニングに耐えられるようになってきた。

とはいえ、愛媛マラソン完走までの道のりはまだまだ遠いようだ。

つい先日もランニング25分含む有酸素運動連続40分記録をようやく達成したところだが、

そのあとサウナを利用して出た直後、突然意識が朦朧し床に倒れ込みそうになった。

どうやら脱水症状を起こす直前までいっていたようだ。

なぜそこまで体力向上にこだわるのか。

なぜそこまで減量にこだわるのか。


ランニングは、走って汗を出してみると心地よく、意外に楽しいものなのだ。

しかも

しっかり減量しないと

嫁がうるさいのだ
 (@Д@;

吉蔵の嫁


・・・さて

話は戻るが今回向かった先は、愛媛県西予市三瓶町

用意したエサはフレンド松前店で購入した本虫(ホンムシ)約1700円分。

3月27日午後2時過ぎに松山を出発。

午後4時を回り、三瓶港の海岸沿いを走っていると、1軒の釣具屋が見えてきた。

三瓶町 釣具屋

活アジも売っているようなので、今度来る時は利用してみたいものだ。


そして海岸沿いをさらにひた走り・・・


午後4時半頃に釣り場に到着。


もう3月も終わる頃だが、モイカを狙うのはまだ早いと見て

今日も投げ釣りによる夕まずめ〜深夜の一本勝負!

いつも通り、30号の投げ竿を3本用意して70m〜90m程の遠投で投げ分けるスタイルだ。

前々回は竿ごと海に引きずり込むような強烈なアタリが朝まずめに一度あったので

今回も大きめの針(カレイ針15号)を使用してドラグを緩めにしてアタリを待つことに。

午後5時、6時、7時・・・

夕まずめタイムもあっという間に終わり、

本日もアナゴ劇場で終わってしまうのかと絶望感が漂い始めた午後8時過ぎ、


ようやくドラマは起きた!


何度か竿先を揺らすアタリがあった直後に

ドラグを鳴らす強烈な一撃が来た!

アクションのあったリールのドラグを締め、慎重に抜き上げると

三瓶 鯛(マダイ)

38cmの真鯛(マダイ)であった。


30号のオモリをドラグを鳴らしながら引っ張る活きの良い真鯛であった。

しかし、この後はお約束の通り、アナゴ劇場が始まった。

しかも今回はヒトデや藻も混じる。


気合を入れて仕掛を

投入!投入!投入!



しかし返って来た仕掛は・・・



ヒトデ!藻!海毛虫ですがな〜♪ (@Д@;


黒い三連星のジェットストリームアタックを喰らうかの如く、

ヒトデ連弾!藻連弾!そして今日は海毛虫まで釣れた。




わ、わしを踏み台にすな!


前回、前々回と強風に苦しめられた三瓶町だが

今回はほぼ無風状態で体力を無駄に削られることもなく過ごすことができた。

黒い三連星以外は・・・


そして納竿直前の深夜0時前、

再びドラグを鳴らすような強烈なアタリが来た!


ドラグを締めて引き寄せるも

根に入られ、あわやラインブレイクかと思われたが、なんとか抜き上げに成功。

アナゴと真鯛(マダイ)20cmのダブルであった。

2本針にアナゴのダブルも抜き上げが大変だが、今回もなんとか成功。

深夜0時半頃、風が強くなってきたので納竿。



釣りの俳句


晴れの日に

通い続けば

鯛釣れる


吉蔵の川柳と俳句

よしぞう


吉蔵愛用のパワーストーンをご紹介


パワーストーン

今回の釣りで持参したパワーストーン

自分に合う縁起物を見つけて釣り場に持って行けば、満足のいく釣果を出せるに違いない。

◆1500万年前に地球に隕石が衝突した時に生まれた
◆人気テレビ番組でも紹介され話題沸騰!!
◆ダイヤモンドよりも希少価値が高い!?

大人気簡単開運グッズ


<本日(三瓶町)での釣果>

真鯛(マダイ) 38cm 1匹

真鯛(マダイ) 20cm 1匹

ハゼ 16cm 1匹 リリース

アナゴアナゴアナゴアナゴアナゴ

海毛虫 1匹 リリース・・・