> 愛媛の釣り情報 > 中島の帰りに高浜へ!砂浜からの大遠投

シマノのパワーフィンガーを使って100mキャスティング♪



松山市高浜の砂浜 1月14日 晴れ



本日の中島釣行も無事終わり、中島汽船のフェリーに乗って三津浜港まで戻ってきたのだが

エサがまだかなり残っていたので同僚と高浜に寄ってみることにした。



1月14日午後4時頃、愛媛県松山市高浜の石波止に到着。


高浜 石波止


石波止先端近くには既に何人かいたので砂浜からの遠投による投げ釣りを敢行。

海の向こうには興居島(ごごしま)が見える。

潮は既に引き始めている状態だったので遠投用の竿を1本だけ出すことにした。


ここで、釣り川柳


高浜で

興居島眺め

夢抱く


吉蔵の川柳と俳句

よしぞう


興居島(ごごしま)

砂浜から80m〜100m程度の遠投をして、

海の向こうに見える興居島を眺めながらアタリをまっていると

ベラ、フグ、アイナメが顔を見せ始めた。

午後5時半頃、引き潮によりアタリが途絶えてしまった為、

シマノのパワーフィンガーを装着し、

さらに助走を付けて大遠投!


助走を付けてのキャスティングは飛距離が落ちて失敗するパターンが多いのだが

今日のキャスティングは最大飛距離が僅かながら伸びていた。


しかし、残念ながらアタリはない(笑)


午後6時頃、周りが暗くなってきたので納竿。

本日の松山における干潮時刻は午後6時36分。

引き潮5分を超えてくると、やはり80m〜100m近くの遠投が必要になる。

今回の中島・高浜釣行で用意した遠投用タックルの組合せは

投げ竿 30号-420cm
リール カゴ釣り用大型リール5500番クラス
道糸 PEライン2.5号
力糸 4号
オモリ 誘導式天秤30号

といったところだ。

100m以上のキャスティングをするなら、通常ガイドが固定になっている並継ぎ竿を使用する。

振り出し投げ竿でも、ガイドを下向きにして手首を曲げた状態で構え、

フルスイングするとガイドの並びを崩さず遠投することが可能になる。

※慣れていないと手首を傷めることになるので注意

さらに、シマノから販売されているパワーフィンガーを装着して遠投すれば

廉価な振り出し投げ竿30号でも100m越えの遠投が可能になる。

パワーフィンガーを使えばキャスト時の指にかかる負担がなくなるので意識を前方に持って行きやすい。

私はこのパワーフィンガーで、最大飛距離を10%アップさせることに成功した。

成人男性ならサイズLがちょうど良いだろう。



↓↓ 詳細はこちら ↓↓

シマノ パワーフィンガー

指になじむフィット感と優れた高機能。バリエーション豊富なカラーとサイズ展開。摩擦に強く使うほどに指になじむカンガルー革採用。甲部のクロロプレンはゴム部にエアーホールを設けることによりムレ感を緩和。着脱しやすい指先のフィン。手首の動きを妨げない立体裁断。

【検索用キーワード】
シマノ、パワーフィンガー、遠投






<本日(中島・高浜)での釣果>

真鯛26cm 1匹

アイナメ25cm程度 2匹

ベラ・フグ 多数(リリース)


残念ながら今回の釣行では、カレイの姿を見ることがなかったが

キャスティングで飛距離を伸ばす新しい発見もあり、意味のある一日となった。

いつの日か、カレイの料理レシピを見ながらキッチンに立てる時が来るのを期待したい。