> 愛媛の釣り情報 > 二名津リベンジ釣行とタヌキが呼んだ幸運

サバフィーバーを期待して再び二名津釣行



佐田岬 二名津の地磯 11月23日 晴れのち曇り


前回の二名津釣行でボウズとなったわけだが

今回はリベンジするべく再度釣行することとなった。

しかも今日は会社の同僚がいるので心強い。

11月23日午後10:30頃、フレンド松前店にてオキアミや道具を購入して出発。


片道約100kをひた走り、佐田岬 三崎の二名津に到着。

最近は佐田岬一帯でサバが釣れているという情報が広まっており、

このような素人が近づかない地磯でも釣人が多い 。

今日は闇夜だったのだが、やはり先客がいた。



実は今日、ここに来る途中、

二名津の町でタヌキのつがいらしき2匹が元気よく走っていたのを発見した。

先日は横たわったタヌキを見てその日ボウズになったが、

今回、この発見が釣りにどう影響するのだろうか。


山と崖を降り、釣り場に着くとカゴ釣りの先客が数人いた。

どうやらサバ狙いのようだ。

深夜1:00過ぎ、釣り場を確保しカゴ釣りの準備をしていたら、

お腹が少し痛くなってきた(泣)


昨日外食した、ちょっと辛味の麻婆豆腐がどうも怪しい


お腹が痛いのを我慢しながら、11月23日深夜1:30頃、カゴ釣り開始。

良いポイントは先客に取られていたので、先客はヒットするもこちらはヒットしない。

こんな状況が続いていたが・・・


深夜3時を回った頃、

沖の方に流したウキがようやく沈み、

「まぁまぁ良いサイズのがかかりましたわw」

など、ニヤニヤしながら抜き上げにかかると



ボチャ・・・


なんと前回、ボウズになった時と全く同じパターン。

今日もボウズになってしまうのか!と、がっくり肩を落としカゴ釣りを続けていたら

午前4時頃、今度は同僚の流したウキが沈み良型がヒット!

無事抜き上げも成功し計測すると

39cmの大アジであった。


このアジをきっかけに、私と同僚の2人に大アジ爆釣タイム到来。

午前4時から午前6時まで、30cm〜38cmまでの大アジがひたすらアタリ続け

2人で15匹前後釣った。バラシを含めると30回以上はあたっている。


今日も大アジがあたり続けたので

それ以外の魚は狙うのが無理だろうと考えていたら

午前6:00頃、30cmと小ぶりであるものの10年ぶりとなるグレをゲット。


さらに朝まずめ終了直前の6:30頃、

またもアジ以外の重く揺らされるようなアタリがあり

上げてみると、32cmの真鯛 であった。


6:30を回ったところで、私のお腹も終にはピークに達してしまったので

陰にコソコソと移動して用を足していると・・・


ザッパーーン!


うまい具合に波がお尻にあたり、



ウォシュレットの代わりになってしまった(笑)


しかも 今日の海水は妙に温かく心地良かった(笑)

ここで、お恥ずかしい俳句を一句。


腹こわし

波をかぶるも

心地良し♪


吉蔵の川柳と俳句

よしぞう




7時近くになり、周りも明るくなってくると

お決まりのようにエサ盗りの猛攻が始まった。




さらに7時を回ったところで、写真を何枚か撮っていると

最初晴れていた地磯周辺も




7:30頃になると 、空が一変。

西の空の雲行きが段々怪しくなってきた。




大雨にあたると、お腹が調子悪い上に風邪もひいてしまいそうなので

ここで納竿とした。


<本日の釣果>
グレ 30cm 1匹
真鯛 32cm 1匹
カサゴ 20cm後半 1匹
アジ 30cm〜35cm 7〜8匹



鯛・グレ

最初のヒットがバラしから始まったので先日のボウズが頭を過ぎったのだが、

今日は朝まずめの食いが凄まじかった。

先日のボウズとは一変、今日は普段見ないような魚まで見ることができ、

佐田岬の釣りを十分楽しむことができた。

納竿して山を登り、家に帰る途中から大雨が降り出した。

朝まずめ&大雨前という好条件が重なり、結果として好釣果に繋がったのであろう。

何はともあれ、二名津の地磯に来る途中で見たタヌキ2匹は幸運を呼び込んでくれたに違いない。