二名津のサバフィーバー

佐田岬の年末カゴ釣りスペシャル2011後編

佐田岬 二名津の地磯 12月10日 曇り

風が強くなり、早々に撤退した長浜漁港だったが、また近々行くことになるだろう。

そして今日はこれから二名津の地磯へ向かうことに。

12月10日 深夜3:00頃、佐田岬 二名津に到着。

二名津はハシゴするには少しきつく山の登り降りの必要な場所だが、釣果を出しやすい。

駐車スペースには車が何台か止まっており先客がいた。

準備を整え降りてみると

先客は風に強い場所でカゴ釣りをやっていたので

私は風の当たりやすい側で道具を下ろすことにした。

風が当たりやすいと言っても、先ほど行った長浜漁港と比べれば

正面から風を受けるわけでもないので、まだ投げやすいほうである。

カゴ釣りを開始して20分ほど経つと、早速ウキがじわじわと沈んだ。

またアジが来たのかのぅ・・・

と苦笑しながら上げてみると

なんと先ほど長浜漁港で釣ったのとほぼ同じサイズの大サバであった。

今日の二名津はなかなか良いスタートとなったようだ。

そして午前4:00を回ると、

大サバ爆釣タイム到来!

二名津のサバフィーバー

口が柔らかいサバなので、2回に1回バラシがあるものの

好調に大サバが釣れまくり・・・

写真は家に帰ってから撮影したものです。

運命の朝まずめタイムを迎えると、大サバの他に大アジも混じるようになった。

今日の二名津の朝まずめは

大アジと大サバのダブルフィーバーと化していた

連日の大アジフィーバーに少し飽き気味だった私は

大アジを1匹だけ残し、その他の大アジを全てキャッチアンドリリース。

なんて贅沢すぎる釣り方なんだろう

アジを大量に持って帰っても食べきれないのである。

また、帰りの山登りにしても、釣った魚の重さを考えると頭が痛くなる話である。

爆釣と化しているサバやアジを

キャッチアンドリリースか?持って帰るか?

と、一人悩んでいると、先ほどまでの風がいつの間にか強風と化していた。

午前6:00過ぎ、海も少し荒れだしたところで

気力も体力も限界に達し、納竿することにした。

朝まずめ途中での納竿は、勇気の要る決断だが

もはや釣りが続行できないほどの強風が吹き荒れていた。

今日の二名津は寒くなると予想していたので、上下防寒着を身にまとい真冬仕様で降りたのだが

帰りはこの防寒着が普段の重量+αとして重く辛くのしかかった(泣)

山を登りきった時には、ハシゴの疲れもあった為、しばらく動くことができなかった。

カゴ釣りスペシャル2011の釣果

<本日1日(気合と根性のハシゴ釣行)の釣果>
真鯛 34cm 1匹
サバ 30cm~41cm 5匹 30cm未満のサバはリリース
アジ 38cm~40cm 1匹
他 アジ多数 全てリリース

いつもこのくらいの釣果が出れば

釣行費5,000円の出費も惜しまないのですが(汗)

佐田岬の景観

眠気覚ましに帰りに撮った佐田岬の写真

佐田岬の景観

電柱がなければ、ええ写真なんじゃがのぅ・・・

ああ、そういえば肝心なことを書くのを忘れてました!

ここで、釣りの俳句

ハシゴして

眠くて辛い

帰り道

吉蔵の川柳と俳句

>> 年末カゴ釣りスペシャル前編 平成23年版を見る

最後まで愛媛の釣り情報ブログを
読んで頂きありがとうございます!

ブログランキングに参加しているので
押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA