今治しまなみ海道の投げ釣り

今治しまなみ海道の投げ釣りと三姉妹

実際の釣行から早1ヶ月半も経過してしまったが、忘れないうちに備忘録としてまとめておくことにした。

愛媛の釣り情報 今治しまなみ海道の投げ釣り

今治しまなみ海道の投げ釣り

2016年10月6日 快晴。

前回の瀬戸内しまなみ海道釣行では大雨に打たれ、過酷な状況でのアコウ釣りデビューとなってしまったが、快晴となった今回、再挑戦することに。

今回用意したのは投げ竿2本と一式、及びエギング用タックル。

この辺り一帯は潮の流れも早いので錘も最低25号~30号はないとやり辛い。

2016年10月6日夜10時頃、瀬戸内しまなみ海道の釣り場に到着。

周りにはモイカ狙いで来ている釣り人がぽつぽついるようだ。

目の前を運行する大型船を見ながら餌の本虫を付けて投げ釣り開始。

島での投げ釣りに最適!

>> カーボン万能コンパクトボートロッド solfiesta エックスバロン 30号-210 / SALE10

 

瀬戸内しまなみ海道付近に生息する三姉妹

投げ竿一本、沖に向かって50m~70mほどキャストして様子を見ていると5分も経たないうちに竿先に反応あり。

愛媛の釣り情報 しまなみのサメ

手応えを感じながら上げてみると40cm前後のサメであった。 😥

サメを素早くリリースして仕掛けを再投入。

さて、2本目を出そうかな・・・と考えていると再び竿先が動く。

愛媛の釣り情報 しまなみのエイ

すると今度は先ほどのサメと同じくらいのエイであった。

エイをリリースして再び仕掛けを投入。

すると・・・

愛媛の釣り情報 しまなみのアナゴ

するとすると今度は元気いっぱいのアナゴが上がった。

ちょうどいいサイズなのでお持ち帰りしたいところだが、捌くのが面倒なのでこれもリリース。

その後もひたすらにサメ・エイ・アナゴの繰り返し。

その猛攻は凄まじく、2本目の投げ竿をセットする余裕もないほどであった。

日中のエサ盗りにも負けない猛攻振りは、

瀬戸内しまなみ海道を代表する三姉妹といえるだろう。

本命のアコウや真鯛は上がるのだろうか・・・

と考えていたら釣り始めて既に4時間経過。

2本目の投げ竿やエギングなど準備する余裕がないほど忙しい日となった。

釣り川柳

しまなみで

ワシを弄ぶ

三姉妹

吉蔵

結局この日は快晴であったにも関わらず、お持ち帰りゼロ。

ブログ名にも、わざわざ「今治しまなみ」と付けているのに前途多難な幕開けである。

 

瀬戸内しまなみ海道「パラダイスえひめ」(伊予銀行)

私はサイクリングしませんのであしからず・・・ 😀

瀬戸内しまなみ海道と来島海峡大橋

瀬戸内しまなみ海道に架かる来島海峡大橋は全長4,105mにもなり、釣り道具一式を背負い徒歩で大島に渡るにもほぼ不可能な距離といえる。

さらに自家用車で来島海峡大橋を渡るとなると高速を使うことになり、軽自動車でも往復3,000円(非ETCの場合)もかかってしまうのが難点だ。

ただこのような釣り場でも、お金を使わず橋を渡る方法がある。

車を最寄の公園などに止め、自転車に乗り換えて橋を渡る方法だ。

前カゴ付き折りたたみ自転車

前カゴ付き折りたたみ自転車

この自転車なら最寄の駐車場から乗り換えても来島海峡大橋を楽々渡ることができるだろう。もちろんこの場合、コンパクトなタックルで釣行されることをおすすめする。

中が見えるスマートフォン用ポケット付き。

※タイヤのお色は様々ございます。

メーカー希望小売価格48,000円 (税込51,840円) ⇒ 価格15,556円(税込16,800円) 送料無料

>> ★2015年上半期楽天 折り畳み自転車ランキング1位★【送料無料】 折りたたみ自転車 (15色)

 

最後まで愛媛の釣り情報ブログを
読んで頂きありがとうございます!

ブログランキングに参加しているので
押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA