波平

投げ釣りで強烈なアタリがくるも

今年も暑い夏がやってきた。
連日30度を超える猛暑が続いているが、
去年同じ時期にコロダイを仕留めたことがあり、今年も狙ってみることにした。
釣り場はもちろん、愛媛県西予市三瓶町。
だが場所が場所だけに、この猛暑の中で一人釣りをするのも辛い。
そこで今回、友人である波平を誘うことにした。

平成26年7月29日午後2時出発。
途中、釣具屋のフレンドに寄り、ホンムシ2000円分購入。
今回さらに夕まずめの餌盗り対策としてユムシを3匹購入した。

2014年真夏の投げ釣り

午後5時頃、愛媛県西予市三瓶町の釣り場ポイントに到着。
宇和島は、太陽と海からの照り返しと石垣の暖かさからなる
3つの太陽と呼ばれる好条件などが重なり良いみかんが育ちやすいというが
人間からすれば熱中症寸前になるほど堪らない暑さだ。
餌盗り対策として用意したユムシを早速餌にして投げてみるもカスリもせず。
逆に枝針に付けたホンムシには投げてから1分も経たずイソベラが襲い掛かる。

【 吉蔵のPEライン 】 ※2.5号~3号使用

>> 【DM便送料無料】PEライン 強力PEライン4編/4本撚り 300m 0.4~8号 5色マーカータイプ

そして開始から数時間が経ち、
釣りというより、暑さの我慢大会のような様相を見せた状況もよやく終わって
餌もホンムシに切り替えた。
夜になり少し涼しくなったところで遠くの空が暗くなり始めた。
場所はまだ遠いようだが雷鳴が鳴り響いているのか空が瞬間的に何度も明るくなる。
予報では20%~30%となっていたが、
過去の釣行を思い返せば似たような降水確率で散々な目に遭っていることが何度もあり、
今回も突然大雨にならないか不安で仕方なかった。
このような状況の中、波平は微動だにせず、ただただ竿先のケミホタルを冷静に見つめていた。

釣り川柳

雷鳴が

空で響くも

仁王立ち

波平

波平は雷鳴など気にすることもなく
ただただ自分の竿先を見つめていた。
そしてしばらくすると波平の竿先に活きの良いアタリが来た。
上げてみると25cmの真鯛であった。

25cmの真鯛を釣った波平は、
ここぞとばかりにドヤ顔を見せた。

波平

ドラマは突然やってくる

吉蔵も負けずと、ひたすら投げ竿を勢いよく沖に投げ続けるが
上がってくるのはアナゴやクラゲの触手のようなものばかり。
クラゲの触手は間違って触れると2~3日痺れが消えないので注意が必要だ。
今日に限っていえば、まだ海毛虫が釣れないのが救いともいえる状況だが
本命の真鯛はなかなか顔を見せない。
今日もこんな感じで納竿になってしまうのかと悲壮感に浸っていると
午後9時頃、突然ドラマは起きた!
30号の竿先が一瞬大きく弧を描くと同時に竿尻まで浮かせるような大きなアタリが来た。
良型真鯛が掛かっても竿が倒れないようドラグを緩めていた。
にも関わらずドラグが鳴る前に竿尻を浮かせるような驚くべき馬力を感じるアタリである。
吉蔵は急いで投げ竿を手にとってみるが、残念ながらその怪物は既に逃げていた。
今年初めてのドラマは一瞬で幕を閉じたのであった。

釣り川柳

強烈な

アタリがくるも

またハズレ

吉蔵

今年の暑い夏は悲壮感で終わりを告げるのかと思っていたら、
ようやく22cmの真鯛が上がってきた。
その後もチャリコサイズでありながらも立て続けに2匹の真鯛が釣れた。

真鯛20cm

チャリコサイズは快調に釣れ続くが、良型のアタリは先程の一度のみ。
そして深夜0時過ぎ、潮が引いてきたところで納竿とした。
雷鳴が轟く程に危うかった天気も納竿までなんとかもったようだ。

翌日の朝、息子の義則に昨日の出来事を話してみると
興味深々に乗ってきた。

義則

義則も良型真鯛はまだ釣ったことがないようで、次行くなら同行したいと言い出した。
私も昨日の強烈なアタリが忘れられないので早いうちにまた三瓶に行ってみたいところだ。
にしても昨日のアタリは惜しかった。
16号の針で乗らなかったのだから、よほどデカイ大物だったのだろう・・・と期待したい。
そして大物が釣れない間、しばらく夢でうなされることになるであろう。

吉蔵

夢でうなされ続けるのも辛いので、来月早々にでももう一度出撃したいところだ。
そして出来れば次回、真鯛フィーバーになることを願いたい。

<愛媛県西予市三瓶町での釣果>
真鯛 22cm 1匹
真鯛 20cm 1匹
真鯛 17cm リリース
アナゴ 数匹 リリース

最後まで愛媛の釣り情報ブログを
読んで頂きありがとうございます!

ブログランキングに参加しているので
押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA