吉蔵

直感と春の投げ釣り

2014年、運命の3月14日午前2時7分頃、
恐怖を感じるような大きな地震は突然発生した。

私はその日、ふと目が覚めてぼんやりしていたのだが、

その直後、震度5強の地震が突然発生したのである。

寝室の部屋全体が、ぎしぎしと揺れている中、

「これが南海トラフだったら、伊方原発は大丈夫だろうか」

「これが南海トラフだったら、家が崩れ落ちてしまうのだろうか」

「これが南海トラフだったら、今入ってる耐震保険で対応できるのだろうか」

など、恐怖と同時に様々な思いが込み上げて来た。

幸い今回の地震は、部屋の中の立てかけていた本が何冊か崩れる程度に治まった。

そしてその朝、起きてから冷静になって考えてみると

地震が発生する前に目が覚めていたこと

に気が付いた。

これが一般に言うシックスセンス(第6感的直感)というものなのかと。

それから吉蔵は、さらに冷静になって考えてみた。

吉蔵の川柳

目を覚まし

避難しないと

意味がない

吉蔵

さて、前置きが長くなってしまったが、

3月中旬を過ぎ、ようやく春の陽気を感じるようになったところで

再び愛媛県西予市三瓶町方面へ釣行してみることにした。

残念ながら私の直感は、

釣りに関して役に立たないことが多いが

3月16日午後2時半頃、 愛媛県松山市を出発。

エミフル松前付近の道は今日も渋滞していたが、

なんとか午後5時半頃、愛媛県西予市三瓶町の釣り場ポイントに到着。

のっこみ真鯛を狙うにはまだ早そうな気もするが、直感を信じて投げ釣り開始。

今日の夕まずめも残念ながらあっという間に時間が過ぎていった。

 

耐久レースのような投げ釣りで三瓶に挑む

風がないので竿を3本使って挑むもアタリなし。

今日も快晴なので寝ながら夜空を眺めアタリを待つも全く反応なし。

今日も「寝て待つも アナゴ一匹 春遠し」のような名句を作って終わるのだろうか

と悲観的なムードが漂い始めた頃、夜8時になってようやく竿先にアタリが来た。

やや重いかなと感じながら上げてみると

小鯛

22cmの真鯛であった。

釣り川柳

直感を

信じてゆけば

子鯛来る

吉蔵

とりあえずお持ち帰りの分をゲットしたので調子に乗って投げ釣りを再開するも

ここからまた精神修行のような時間を迎えることとなる。

夜9時、10時、11時・・・

今日も星が綺麗じゃのぅ

と、ぶつぶつ独り言を言っている間に気が付けば午前0時を過ぎていた。

干潮の潮止まりの間に仮眠休憩を取り、

直感を信じて深夜2時頃から再開するもアタリすらなし。

そして午前4時半頃、

竿を3本使った10時間以上に及ぶ耐久レースのような投げ釣りであったが

体力的に精神的に限界に達し、朝まずめを迎える前に納竿することとなった。

例年であれば3月中旬を迎える頃には良型真鯛を1匹ゲットしているが

今年は少々厳しい状況が続いており、残念ながら今回もお刺身サイズの魚を見ることはなかった。

とりあえず桜が開花するまでの間は

ツタヤで借りたアメリカ人気テレビドラマシリーズのFRINGEでも見て過ごすことにした。

FRINGE(フリンジ)はアメリカの人気テレビドラマシリーズの一つで、

謎めいた能力を持つFBI捜査官「オリビア・ダナム」が中心となり、

科学を駆使した難事件に対し、少数精鋭で果敢にも挑んでいくというサスペンスドラマである。

この作品の見どころは、

物語の進行上、1人で2人の役柄を演じるシーンが随所に見られるが

オリビア・ダナム役のアナ・トーヴが見事にこの役を演じきっているところにある。

愛媛の釣り情報

<愛媛県西予市三瓶町での釣果>

真鯛 22cm 1匹

最後まで愛媛の釣り情報ブログを
読んで頂きありがとうございます!

ブログランキングに参加しているので
押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA