ふたみ

佐田岬の大サバ釣り

佐田岬の地磯 二名津 11月22日 晴れ

前回のカゴ釣りでは、

強風という悪条件の中でひたすら仕掛けを投げ続け、

36cmのアジを釣るので精一杯という結果だった。

そろそろカレイを本格的に狙いたいところだが、

今年は大サバを釣らないまま終わってしまうのか・・・

美味しい佐田岬産「サバの塩焼き」を食べずに終わるのか・・・

そうはいくまいっ!

悪条件の中でも敢行した努力が無駄に終わってしまう事に耐え切れず

今回も佐田岬へ向かうこととなった。

ふたみ

例によって、友人の波平も誘ってみたのだが、

川柳

こたつにて

みかんを食べて

テレビよの

波平

どうやら波平は、こたつで愛媛みかんを食べながらテレビを見たいようだ。

さて、今日は「はなまるうどん」で遅めの夕食。

そして夜22時前に松山を出発。

いつものようにフレンド松山店に寄ってジャミとオキアミ購入し釣り情報を収集。

松山を出発したのが夜遅かったこともあり、

深夜0時過ぎには愛媛県佐田岬二名津の釣り場ポイントに到着。

途中、海岸沿いを走っていると、いつもより人が多く並んでカゴ釣りしていた。

金曜日だから人が多いのか、それとも・・・

早速、重さ20キロ近くになる釣り道具を抱え釣り場ポイントに降りてみると、

金曜日だったこともあり?地磯に先客が一人、高場から釣りをしていた。

少し風が強いことが気になったが、仕掛けを準備して深夜0時半にカゴ釣り開始!

すると、先客が撒いているマキエが効いていたのか

一投目からいきなり沖に流したウキが沈んだ。

慎重に慎重に寄せてみると

38cm程のサバが顔を見せた。

約2年振りの岬サバを見て、吉蔵は思わず頬が緩んだ。

それから間もなくして再び沖でウキが沈んだ。

潮の流れが速いのも重なり、

ドラグをギュイーーーンと鳴らす

異常なほど元気の良い走りを見せる。

活きの良さに興奮しながら上げてみると

44cmの大サバであった。

佐田岬の大サバ

※写真は帰宅後に撮影したものです。

嬉しいことに、このあとも快調に大サバと大アジが上がり続けた。

さらに驚くことに釣れる魚のほとんどが規格外と言えるほどの大きさである。

この激流の中、

大アジや大サバがヒットし続けるのだから、体力の消耗も著しい。

普段のトレーニングがなければ、あっという間に疲れきってしまうだろう。

40cm超級になると、1本あたりの重さが1kg近くになる。

当然、吉蔵が持ち歩く、こじんまりとしたクーラーだと容量に限界があるので

40cm未満のものは全てリリースすることに。

なんて贅沢な釣りなんだろう (@Д@;

そんなこんなでやりくりしながら続けていたが、

午前4時を過ぎる頃には終にクーラーがパンパンの満杯状態になってしまった。

キープしたのは、40cm~44cmまでのサバ4匹とアジ3匹の合計7匹。

朝まずめを迎える頃には、

アジのアベレージも30cm前後まで下がっていたが、

氷入りのクーラーに7匹入れると既に満杯状態になり、重量も10キロ程になった。

普段なら山を降りる時のほうがマキエや飲食料などの重さが加わるので重いが、

今日のような状況だと帰りの山登りも重い。

他の釣り道具一式含めると総重量は、降りる時と同じ20キロ近くにもなる。

そして朝5時半頃、帰りの崖と山登りを考え、

今日は嬉しいやら悲しいやら朝日を見る前に撤収することになった。

11月20日を過ぎたところで、

この二名津でもようやく・・・ようやく大サバが周ってくるようになった。

佐田岬の激流の中、40cm超級の大サバが掛かると

ヤズと同じようなスリリングなファイトを楽しめるので面白い。

本日の釣果

大アジ

サバの塩焼きが美味すぎる件

この翌日、

サバとアジを塩焼きにして食べてみた。

このサバ独特の弾力と歯応え。う、う~~ん、たまらんわい。

とりあえずおかわり (@Д@;

大サバの塩焼き

川柳

こたつにて

みかんもええが

サバよのぅ

BY 「やっぱサバよのぅ」の吉蔵

吉蔵

<二名津での釣果>

アジ 25cm~42cm位まで 20匹以上
サバ 38cm~44cm位まで 10匹程度
※キープは計7匹、他リリース

最後まで愛媛の釣り情報ブログを
読んで頂きありがとうございます!

ブログランキングに参加しているので
押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA