ふたみ

佐田岬で強風に煽られながら

佐田岬の地磯 二名津 11月12日 晴れ

ふたみ

寒さに負けず、激流に負けず、ボウズにも負けない吉蔵は果敢に今日も二名津釣行。

そして、いつものように波平を誘ってみたのだが

川柳

こたつにて

みかんを食べて

笑点よ

波平

まだ11月なのに、こたつは早すぎるだろうと。

どうやら波平は、大アジ大サバよりも、

こたつでみかんを食べながら笑点の録画放送を見る方が良いようだ。

さて、今回も話が少し脱線してしまったが、今日は19時半頃に松山を出発。

途中、フレンド松山店に寄ってジャミとオキアミ購入後、釣り情報を収集。

昨日は波の高さ1.5mと、大しけでとても近づけない佐田岬であったが

そろそろ落ち着いてくる頃だろうか。落ち着いてくる頃だと願いたい。

そう願いつつ、夜22時頃、愛媛県佐田岬二名津の釣り場ポイントに到着。

いつものように総重量20キロを超えるかというようなカゴ釣りの重装備を抱え、

ハァハァ言いながら山と崖を降りていった。

下まで降りた瞬間、信じられない光景を目にした。

今日の二名津は、強風波浪注意報にも迫る勢いで強風が吹き荒れていたのだ。

岩場の先端で前傾姿勢で立っていたら、

間違いなく風に背中を押されて海に落とされてしまうだろう。

予報で風がやや強いとは聞いていたが、これほどまでとは。。。

前回、前々回来た時はベタ凪ぎで風もなくやりやすかったのだが、

今日の二名津は一転、試練の場と化していた。

普段なら、良型が来ても取り込みがしやすい正面の磯からカゴ釣りするが

今日は真正面から吹き付ける風なので風を避けやすい高場からやることにした。
佐田岬の釣り

深夜22時頃、カゴ釣り開始。

風を避けやすいと言っても、正面の磯よりはマシという程度で飛距離の大幅ダウンは避けられない。

普段40m前後飛ばす仕掛けが、今日は風に煽られ飛距離が半分近くまで大幅ダウン。

飛距離が出ないから、ウキ止め位置のタナ調整も難しく

根がかりでウキから下全てロストすることも。

竿を持つ左手は風に煽られまいと必死で支えるから筋肉痛寸前に。

普段のトレーニングジム通いがなければ、

あっという間に心が折れてしまい、早々に切り上げ帰っていたかもしれない。

幸いにも1月~2月の凍てつくような寒さの強風ではなかったので、

今回のモチベーション維持に繋がった。

なるべく強風の当たらない岩場に隠れて体力回復を図りつつ、仕掛けを投入の繰り返し。

波自体はそれほど高くないので活性も良く、サシエがない状態で仕掛けが戻ってくる。

残念なのは、今日は3m以上ある高場での釣りになってしまったので、

アジの良型が掛かっても抜き上げ途中でかなりの確率で海に落としてしまうことだ。

今日も、「ボチャ」「ボチャ」・・・と良型っぽいアジを何度も海に落としてしまう。

手元に残るのは抜き上げの簡単なゼンゴクラスのアジばかり。

当然、全て持って帰ることは出来ないので殆どがリリース対象となる。

そんな中、朝まずめを迎えた頃に一度だけ良型が掛かった。

奥に入られ根掛り寸前になりながらもなんとか抜き出しに成功し、

36cmの良型アジをゲット。

佐田岬のアジ

※写真は帰宅後に撮影したものです。

いつものようにアジは大量に掛かるが、サバや真鯛などのヒットは一度もなし。

午前6時半頃、体力の限界に達して納竿。

今日の二名津釣行は強風の影響もあり、このくらいの釣果を出すのが精一杯であった。

また、今年は海水温が異常に高いせいか、サバやヤズの姿をまだ一度も見ていない。

できれば今年中に一度くらいはサバの顔を見ておきたいものだ。

佐田岬二名津

釣りの帰りに撮影した二名津。

このような山を深夜にかけて、

総重量20キロを超えるかというようなカゴ釣りの重装備を抱え降りていくのだ。

このような場所に行ってもボウズになることがあるから、

それなりの精神力と覚悟を持って臨むことが必要だ。

佐田岬の二名津

風の強い日は高場での釣りが適しているが、良型が掛かった時の取り込みが難しい。

特にアジやサバなどは口が柔らかいので、抜き上げ途中に落としてしまうことが多い。

今日のように数が出るとそれほど問題ないが、

一日に数匹しか上がらないような日に落としてしまうとショックの大きさも計り知れない。

<二名津での釣果>

アジ 20cm~25cm位まで 20匹以上
アジ 36cm 1匹

最後まで愛媛の釣り情報ブログを
読んで頂きありがとうございます!

ブログランキングに参加しているので
押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA