興居島の由良港

40cmオーバーのカレイを求めてフェリーで興居島へ

愛媛県松山市 興居島 11月6日 晴れのち曇り

去年一度も行けなかった興居島に、

今年11月になり、ようやく釣行する日がやってきた。

興居島の由良港

今回から、興居島へ釣行開始!

前日、フレンド松山店で買ったホンムシを持ち、

午前6時15分発のフェリーに乗って由良港へ移動。

吉蔵の釣り予告

ちなみに興居島行きフェリーの料金は、片道で大人230円(平成25年11月現在)

島の裏側へ行くならバイクや車などの足が必要になり、その分別途料金が発生する。

最初の写真は帰りに撮影したものだが

よく見ると由良港の波止から沖30m付近にブイが浮いているのが分かる。

由良港で投げ釣りをするなら朝一番で先端付近を取らないと難しいだろう。

そして今回は興居島の裏側方面に行くのが目的なので

門田漁港~貯木場の海沿いをひた走り・・・

興居島の琴引鼻

午前7時過ぎ、馬磯漁港も通り、フェリー乗り場から20分ほど走ってようやく目的地の砂浜に到着。

琴引鼻の先端が見える、この砂浜から投げ竿2本投げてみることにした。

午前7時30分頃、ドラグを一瞬だけ鳴らす元気良いアタリがあったので釣り上げてみると

磯ベラ

24cmの良型の磯ベラであった。 (@Д@;

そしてこのあとも、快調にカレイでなく磯ベラが連発し続けた。

途中、20cmほどのトラハゼが上がるも、ほとんど磯ベラのアタリばかり。

時々、ドラグを一瞬だけ鳴らす大きなアタリがあるものの、

上げてみると24cm~25cmの良型ベラなのである。 (@Д@;

夜釣りとかでないと、この時期にカレイを見るのは難しいのだろうか。

そして午前10時30分頃、

様子見で少なめに買っておいたホンムシが、あっという間になくなり納竿。

興居島の貯木場跡

帰りに貯木場跡で一枚パチリ。

エサ盗りしか釣れないのか、こちらもしんとした状態だった。

釣り川柳

興居島の

カレイはまだまだ

釣・れ・ま・せ・ぬ

吉蔵

<二名津での釣果>

トラハゼ 20cm 1匹
磯ベラ 15cm~25cm 多数

最後まで愛媛の釣り情報ブログを
読んで頂きありがとうございます!

ブログランキングに参加しているので
押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA