波平

波平と吉蔵のアジ釣り劇場パート2

佐田岬の地磯 二名津 10月某日 晴れ

前回、愛媛県佐田岬二名津にて波平と二人がかりでカゴ釣りするも

小アジ(ゼンゴ)の猛攻に遭い、本命のヤズや真鯛を狙う隙ができなかった。

あれから月日は経っていないが、

過去の釣行記の記録から大サバ回遊間近とみて再び二名津へ挑むことにした。

そして波平と吉蔵のアジ釣り劇場パート2というタイトル通り、

今回も友人の波平を誘い、同行することになった。

今日は月曜日なので笑点の録画予約を気にすることがなく

注目の日本シリーズも移動日の為、試合なしと誘いやすかったのだ。

日本シリーズで波平にどちらを応援するか聞いてみたところ、

釣り川柳

セールにて

釣具安けりゃ

どちらでも

波平

そりゃそうだ。

さて、今回も話が少し脱線してしまったが、今日は20時頃に松山を出発。

途中、フレンド松山店に寄ってジャミとオキアミ購入後、釣り情報を収集。

台風が来る前は、佐田岬先端付近の漁港で大サバが上がっていたようだ。

台風明けとなる今回、

三崎港よりさらに手前に位置する二名津で釣ることができるだろうか。

夜23時頃、二名津の釣り場ポイントに到着。

今日もいつものようにハァハァ言いながら山と崖を降りていき、カゴ釣りスタート。

やはり思ったとおり、今回も小アジ(ゼンゴ)の猛攻が激しかった。

前回のような入れ食い状態とまではいかないが、

仕掛けを投入してからの小アジ(ゼンゴ)の反応が凄まじい。

全てリリースするのはもったいないので、

10匹ほど近くの窪みを利用して生かしたままキープすることにした。

今日も前回と同じように小アジ(ゼンゴ)の猛攻だけで終わってしまうのか・・・

と、やや悲観的になりながらも仕掛けを投入し続けていると

朝5時を迎えたところで釣れていたサイズのアベレージが突然大幅アップした。

それまでは20cm~25cmと小ぶりサイズだったのが、

朝まずめを迎えた瞬間・・・

この日最大となる42cmの大アジを含め、良型が3匹上がった。

佐田岬の大アジ

※写真は帰宅後に撮影したものです。

こういった良型アジが狙えたのは、

朝まずめの間のほんの1時間程と限られていたが、

小アジ(ゼンゴ)だけで終了しなかったので、それなりに楽しむことができた。

途中のハリス切れやバラシなどがなければ、良型を5匹以上狙うこともできただろう。

そして朝6時を過ぎ、周りが明るくなったところで残念ながらアベレージも元に戻ってしまう。

本日のサービスタイムは、どうやらこれで終了のようである(泣

朝7時過ぎ、最後の力を振り絞り、

生かしておいた小アジを使って泳がせ釣りをしてみることにした。

3号のウキを使い、1号程度のオモリを生餌付近に付けて投入。

何投かしたところで上げてみると

モイカの齧られ痕

モイカ(アオリイカ)と思われる齧られ痕が残った状態で上がった。

こういった齧られ痕が2度あったのでモイカ狙いも出来なくはないだろうが、

潮が激流と化しているのでアワセを入れるタイミングの見極めも非常に難しい。

このような状況だと、泳がせより餌木を使ったエギングのほうが有利だといえるだろう。

そして午前8時頃、潮が緩くなる瞬間を狙うもなかなか思い通りに行かず、

体力の限界に達して納竿。

佐田岬二名津

今日の二名津は、前回と違って波も穏やかでやりやすかった。

もちろん、生かしていた小アジ(ゼンゴ)も前回のように波に流されることなく

最後にリリースして帰るまで元気に泳いでいた。

磯で活かしアジ

今回、二名津に同行した波平も

この生かしたアジを見て、水族館みたいだ!水族館みたいだ!と

子供の様にはしゃぎながら眺めていた。

そして出来れば三瓶でも同じような水族館を作ってみたいとも話していた。

波平が言ってることは、冗談なのか本気なのか分からないのが気になるところだ。

ちなみに三瓶では投げ釣りしかやらないので、

小アジを釣って生かすのは困難な話だが・・・

釣り川柳

三瓶にて

生かすとすれば

アナゴかの

吉蔵

アナゴ水族館も面白そうだ。

<二名津での釣果>

アジ 20cm~25cm 30匹程度
アジ 30cm~42cm 3匹

最後まで愛媛の釣り情報ブログを
読んで頂きありがとうございます!

ブログランキングに参加しているので
押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA