波平

波平と吉蔵のアジ釣り劇場

佐田岬の地磯 二名津 10月13日 晴れ

秋も半ばに差し掛かるというのに、30度に迫る暑さが続いた10月前半。

10日を過ぎたあたりから、ようやく涼しくなってきたかなというところで再び佐田岬に釣行決行。

今回は吉蔵の友人である波平も釣りに同行することとなった。

波平も吉蔵と変わらぬ釣りバカの一人だが、

日曜夕方から放送予定の笑点と時間がかぶってしまった為、どうにも機嫌が悪かった。

録画予約してから来るようにお願いしていたのだが、

DVDがないっ!DVDがないっ!などと機嫌がとても悪かったのである。

しょうがないので、ワシが代わりに予約しておくからと伝えると、途端に波平の機嫌が良くなった。

川柳

笑点が

見れると分かり

笑み満点

波平

さて、話が少し脱線してしまったが、今日は18時前に松山を出発。

途中、フレンド本店に寄り、釣り情報を収集してからジャミとオキアミを購入し出発。

21時頃、良い時間になってきたところで愛媛県佐田岬二名津に到着。

山の上り下りが大変な二名津だが、今日もいつものようにハァハァ言いながら降りていった。

信じられないことに、波平は私より早い速度で山を降りていった。

笑点を見るのが趣味だという彼は、いったいどういう鍛え方をしているのだろうか。

22時前、海は少々荒れ気味だったがいつものようにカゴ釣り開始。

すると、いきなり1投目で20cm前半クラスのアジが釣れた。

そのあとも入れ食い。

結論から言うと、朝まずめを過ぎる納竿まで入れ食いが続いた(笑

中にはウキを消し込むような元気良いアタリもあるが全てアジ。

前回の二名津では36cmの良型も混じったが、今回全てゼンゴサイズである(泣

当然全て持って帰るわけにもいけないので、殆どがリリース。

そのうち何匹かは朝まずめのモイカ・ヤズ釣り用に使おうと思い、

磯の窪みがある場所を利用して活かしておくことにした。

二名津の磯で活かしアジ

深夜2時ごろ、荒れた海が穏やかになる気配が全くなく、

潮位が上がってきたところで、終には活かしていたアジも波に流されてしまった。

さらに吉蔵自身も何度も波を被ってしまい、

朝まずめを迎える頃にはズボンがびしょ濡れの状態に。

釣り川柳

アジ釣りで

波を被りて

涼しけり

吉蔵

この日もゼンゴを数え切れない程釣ってしまったが、

久しぶりに来た波平はゼンゴサイズでも充分満足しているご様子だ。

波平がカゴ釣りの2本針仕掛けでダブルを決めたときにはドヤ顔も見せた。

釣り川柳

アジ釣りで

どや顔決める

わしの友

波平

できれば早朝に泳がせてモイカ・ヤズを狙いたかったが、

潮が激流と化していたので今回は断念。

2年前の10月の釣行記には、サバが釣れた記録が残っているが今回気配もなし。

二名津の雰囲気だけは2年前の10月と変わらずだが、

今年もサバが回ってくる日が来るのだろうか。

二名津の早朝

そして午前6時過ぎ、ようやく波が穏やかになってきたところでエサと体力が尽きて納竿。

週4日トレーニングジムに通う吉蔵は少しばかり自分の健脚に自信を持っていたが、

過去に愛媛マラソン出場経験(サブ4)がある波平は、帰りも私を上回る速度で山を登っていった。

波平

いつかは大鯛を・・・と夢見て毎回、愛媛県佐田岬二名津の地磯に来ている吉蔵だが、

大鯛の前に波平が立ちはだかっているような感じがしてならない今日この頃である。

<二名津での釣果>

アジ 20cm~25cm 50匹以上?
※入れ食いの為、正確な数は測定不能。
どうやらスカウターが故障しているようだ

最後まで愛媛の釣り情報ブログを
読んで頂きありがとうございます!

ブログランキングに参加しているので
押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA