50cmのチヌ

闇夜の二名津に突然現れた大物

佐田岬 二名津の地磯 5月3日 晴れ

お楽しみのゴールデンウィークもいよいよ後半に突入。

前半に続き、後半も比較的天気の良い日が続いていたことから

再び愛媛県のカゴ釣りを満喫することにした。

今回攻める場所は佐田岬二名津。

正確には二名津漁港から佐田岬先端に向かって進んだ先の地磯である。

5月3日夕方4時過ぎに松山を出発。

フレンド松前店にてオキアミ生とジャミを購入したあと、愛媛県佐田岬 二名津に向かった。

そして暗くなる午後7時頃、二名津に到着。

久しぶりの二名津の海を見て気合を入れて山を降りていった。

そして午後7時半ごろ、カゴ釣り開始。

干潮の夜8時を過ぎると、徐々にアタリが出始め

夜8時~10時くらいまでの間に24cmのメバルと20cmのホゴをゲット。

しかし夜10時を過ぎてからアタリがパタリと途絶え、

精神と時の部屋かと思うほど苦しい時間が続いた。

今日もこのくらいの釣果で終わるのか・・・

まぁボウズよりは良いかと思っていた午前1時過ぎ、

突然ドラマは起きた!

最初は良型のメバルが来たのかと思うようなウキの沈み方だったが

良型のメバルとは思えないほどの重量感のある抵抗!

先日の三瓶で体験したイラほど強烈な引きではないが、

何度も何度も重量感のある抵抗を見せた!

こ、これは良型真鯛か?

ニヤニヤしながら約1分ほどかけて側に寄せてくると

真鯛と似たような魚影が見えてきた。

ロッドパワーをフルに活かして抜き上げにかかるが、重くてなかなか上がらない。

想像していたより大幅に大きいサイズのようだ。

ニヤニヤ・ニヤニヤしながら

60cmの網をセットした玉網を豪快に海に突っ込み抜き上げてみると・・・

50cmのチヌ

真鯛に似た魚影の正体は、50cmの黒鯛(チヌ)であった。

50cmのチヌ

ザッパーン!、ザッパーーン!!

普段の二名津なら、臨場感ある波しぶきの音が近くから聞こえてくるのだが

今日は不気味な程静まりかえっていた。

このような状況の時、稀に大物が突然姿を現すことがある。

それがこの二名津の地磯である。

そして、この黒鯛(チヌ)を持って帰るか否か判断に迷った吉蔵は

慌てて嫁に電話で聞いてみた。

釣り川柳

真夜中に

嫁を起こして

怒鳴られる

吉蔵

精神と時の部屋の静寂を打ち破るかのように、突然現れた黒鯛だったが

要らないと言われ、しぶしぶリリースすることに。。。

このあと、再び大物を狙ってカゴ釣りを開始するも

深夜2時・・・3時・・・4時・・・

アタリもカスリもしないサシエが虚しく残る。

黒鯛のヒット以降、二名津は精神と時の部屋と化していた。

そして午前4時半頃、忍耐力も限界に達して納竿。

今日の釣り日記はここまでだが

4月・5月といえば、ツツジが綺麗な季節であり、吉蔵も何度か撮ってみた。

野村ダム

こちらはゴールデンウィーク前半に撮った、野村ダム入り口付近の写真。

野村ダムといえば、良型ブラックバスが釣れる場所スポットとして有名な場所だが

この日は釣り人を見ることがなかった。

野村ダムの鯉のぼり

野村ダムの入り口付近で優雅に風に揺られて舞う鯉のぼり。

鯉のぼりも、ここまで並んでいると圧巻である。

道の駅のつつじ

道の駅のつつじ

※佐田岬 道の駅にて撮影

今日の佐田岬も心地よい風が吹く。

道の駅を訪れば、辺り一面ツツジ色。

普段の忙しい日々から解き放たれ、

瀬戸の風を受けながら一日過ごすのも楽しいものである。

俳句

風揺られ

瀬戸を彩る

つつじかな

吉蔵

<本日(精神と時の部屋)での釣果>

黒鯛 50cm 1匹 リリース

メバル 24cm 1匹

ホゴ(カサゴ) 20cm 1匹

最後まで愛媛の釣り情報ブログを
読んで頂きありがとうございます!

ブログランキングに参加しているので
押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA