桜

桜シーズン到来♪真夜中の激闘と桜鯛!

西予市三瓶町 3月24日 曇り時々晴れ

2013年の幕開けは貧果に終わり、

その後もホゴ1匹や良型のバラシなど散々な内容が続いた。

テレビを付けてみると

各地で桜の開花情報が報道されており、

地元愛媛松山でもお花見シーズン真っ盛り。

桜

先日撮った菜の花も良いですが

3月といえば桜が一番綺麗ですね!

そして

吉蔵が狙うのは当然、桜鯛!

日記には書いていないものもあるが

今回で今年4回目の三瓶釣行となる。

先日、良型真鯛と思われるヒットがあったが取り込み寸前で無念のバラシ。

今年はまだ1匹も取れていない。

今回こそ良型真鯛を手にすることができるのだろうか。。。

フィットネスクラブ レフコでのトレーニングを終えた後

午後10時ごろ、松山を出発。

愛媛県の釣具屋フレンドにて太目の本虫を2,000円購入後、

長浜経由で三瓶へと向かうことにした。

3月24日午前0時過ぎ、釣り場に到着。

桜鯛!桜鯛!と期待に胸を膨らませ、投げ釣り開始!

そして運命の深夜1時前、

ドラグは静止したままだが竿先をピクピク揺らすアタリが来た。

少し重いな。

良型の真鯛か・・・あるいは良型のアナゴか(汗

と思いながらリールを巻いていくと、良い形をした魚影が見えてきた。

上げてみると42cmの真鯛であった。

さらに、今年初の真鯛に興奮冷めないまま1時間経過したところで、

お待たせしました!

今年2回目のドラマ発生ですっ!

先程と同じようにドラグは静止したままだが竿先をピクピク揺らすアタリが再び来た。

そして次の瞬間!

ドラグがギュイーーーーンと鳴った!

約2分前後のファイトの後、

左手に竿を持ち、右手に玉網を構え、さらに1分間。

なんとかかんとかしながらキャッチ成功。

 

54cmの真鯛

上げてみると54cmの真鯛であった。

※写真は帰宅後、撮影したものです。

ここで早速、一句。

釣り川柳

ボウズでも

通い続けば

桜咲く

吉蔵

去年の真鯛フィーバーの時のような

元気の良いドラグの鳴らされ方ではなかったが

50cmオーバー級の真鯛が掛かると40cm級と明らかに違うファイトを楽しめる。

今回も引き寄せる際、ズシリと重い抵抗を何度も受けた。

前回の釣行の際、バラした魚も似たような重量感のある抵抗を何度も受けたので

50cm級の真鯛であったに違いない。

なにはともあれ今年4回目の釣行で、海でもようやく桜が開花した。

そして良い意味でリベンジも達成することができた。

この後、クーラーに入らなくなるのを覚悟で2時間ほど粘り、

ヒットが続いたものの、ハリスを切られたり根に入られラインブレイクされたり

さらには成人男性の腕一本分の太さがある

特大アナゴが釣れたり (つД`)・゚・

50cm以上級の真鯛のアタリは別格として

この特大アナゴと40cm級の真鯛のアタリが似ており

実際近くまで寄せて来ないと分からないことが多い。

今回のように天気が曇りでヘッドライトも薄暗いと

玉網で掬い上げるまで真鯛かアナゴか分からないこともたまにある。

おみくじを引くような感覚で

その後も投げ釣りを続けたが眠気が来て既に満足した状態だったので

朝まずめを迎えることなく午前4時ごろ納竿。

真鯛のダブル

<本日(三瓶町)での釣果>

真鯛42cm 1匹

真鯛54cm 1匹

バラシ(ラインブレイク・ハリス切れ含む) 3回

特大アナゴ 1匹 リリース

最後まで愛媛の釣り情報ブログを
読んで頂きありがとうございます!

ブログランキングに参加しているので
押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA