閏住の菜の花

閏住の菜の花まつりと今年初の大物

西予市三瓶町 3月9日 晴れ

2012年10月7日の釣りを最後に

ぱったりと姿を見せなくなった吉蔵だが・・・

今回もはりきって三瓶へGO!

3月といえば桜

3月といえば桜鯛!

吉蔵が狙うのは当然、桜鯛!

日記には書いてないが

今回の三瓶釣行は、今年で3回目となる。

去年の実績なら良型真鯛を1匹取れるペースとなるのだが

今年はまだ1匹も取れていない。

今回は良型真鯛を手にすることができるのだろうか。。。

午後2時頃、松山を出発。

愛媛県の釣具屋フレンドにて太目の本虫を2,000円購入後、

長浜経由で三瓶へと向かうことにした。

午後4時前、双海を過ぎたところで

黄色一色に染まった菜の花が目に入ったので車を止めて降りてみた。

閏住の菜の花

閏住の菜の花祭りに心癒される吉蔵

花いっぱい運動 夕日に映える菜の花街道 閏住公民館

閏住の菜の花

別の角度から見てみると、こんな感じ。

閏住

こちらの閏住(うるすみ)の菜の花まつりは、毎年の定例行事となっているようだ。

三脚を立てて、本格的な撮影をされている方もちらほらと。

閏住

高台に上ってみると、より良い視点で菜の花を見ることができた。

若いカップルや家族連れの方々など、年齢を問わず人気スポットとなっているようだ。

ここで早速、一句。

俳句

立ち寄れば

心を癒す

菜の花ぞ

吉蔵

さてさて、前置きが大変大変長くなってしまったが・・・

今日は、前回のような

歯の痛みに必死に堪えながら

と違い、

心癒されし余韻に浸ったまま

長浜経由でひた走り、

午後5時過ぎ、ようやく釣り場に到着。

早速、投げ釣り開始!

開始して1投目から確かな手ごたえのあった前回と違い、

今回はまったりとしたスタートとなった。

開始してから1時間、2時間経過し、

辺りが薄暗くなったところで、竿先がピクピクと反応!

上げてみると22cmの真鯛であった。

そして周りが更に暗くなり始めた運命の午後7時半頃、

大変お待たせしました!

今年初のドラマ発生ですっ!

去年の真鯛フィーバーのような

ドラグを鳴らす強烈な当たりはないが、

ズシリと重い1発が来た!

ドラグを締めて寄せようとするも重い上に、

重量感のある抵抗!

小物やアナゴとは明らかに違う重さと引き応え!

竿を持つ手がビリビリし始め、ようやく手前まで寄せてみると

なにやら良型(50cm以上級??)の魚影が見えてきた。

慎重に慎重に玉網を握り締め、網を海面に向けた瞬間、

竿を持つ手が突然軽くなった。

ま、ま、まさかまさかの・・・!?

痛恨のバラシ! (つД`)・゚・

釣り川柳

大物が

見えた直後

またバラシ

吉蔵

今年初の大物はバラシで終了となりました。

ここでの良型級のバラシは過去に何度かあったが、

今回のは魚影が見えていただけに痛い痛いバラシとなった。

今日は、 お疲れさまでした!

と、言いたいところだが、

諦め切れない吉蔵は、このあとホゴ27cm1匹を追加し、

車で2時間ほど仮眠を取ったあと

投げ釣り後半戦開始!

1時間・・・2時間・・・3時間・・・が経過し、アタリもカスリもせず

ここで無念のギブアップ(泣)

今度こそ本当に、お疲れさまでした!

<本日(三瓶町)での釣果>

真鯛22cm 1匹

ホゴ(カサゴ)27cm 1匹

最後まで愛媛の釣り情報ブログを
読んで頂きありがとうございます!

ブログランキングに参加しているので
押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA