二名津の地磯

人生で最も長い一日になりそうだSP前編

佐田岬 二名津の地磯 10月7日 晴れ

過去ログの日記を見ると、ちょうど去年の今頃から瀬戸アジやサバが釣れだしていたので

今年もそろそろ瀬戸アジやサバが上がる頃かなと期待に胸膨らませ釣行することにした。

10月7日昼1時過ぎに松山を出発。

フレンド松前店にてオキアミ生とジャミを購入したあと、愛媛県佐田岬 二名津に向かった。

そして夕方4時頃、二名津に到着。

気象台に電話して気象状況を確認したところ、

少々波が高いとのことだったが迷わず山を降りて行った。

釣り場で早速写真を撮ってみると

二名津の地磯

少々荒れ気味の地磯だが、干潮前なので波に気をつければ大したこともないだろう。

夕まずめまで時間がなかったこともあり、

早速ヤズ用のエサを確保するべくサビキ釣りを開始。

開始してから何投かしたところで、なかなか良いサイズのタナゴが釣れた。

タナゴ

今日も小雨対策として上着にピステタイプのウインドブレーカーを着用しているが、

晴天だったので前回のような雨で中まで浸透する不安はない。

17時過ぎ、確保したアジの数はまだまだ少ないが

夕まずめの時間帯に突入したので生かしアジによる流し釣りを開始。

最初は何の反応もなかった流し釣りだが

18時を過ぎたところでアオリイカ(モイカ)の猛攻を受けだした。

モイカの攻撃特徴であるアジ頭部の齧られ痕が、かなり大きかったことから

胴長20cm以上と想定される。(勝手な妄想)

仕掛けを慌ててモイカ用に変更して再び攻めてみるも、

今度はばったりとアタリがなくなった。

なぜ・・・ (@Д@;

19時を回ったところで、波は先程より更に高くなり

時々ズボンに波しぶきがかかる程までになっていた。

昔、オレたちひょうきん族という人気TV番組で

天井からバケツで水をかけられる懺悔シーンを何度か見たことあるが、

今日の二名津もそれに近い状況になってきた。

ザッパーン!、ザッパーーン!!

波しぶきは真正面から容赦なく降り注ぎ、上着とズボンが濡れて冷たくなっていく。

そして、潮位が更に高くなり始めた20時頃、身の危険を感じて納竿。

釣り川柳

波被り

秋の海でも

涼しけり

吉蔵

別名:【精神と時の部屋】と勝手に呼んでいる二名津での釣りは過酷を極める。

普段のジムが体力強化を図れる場所なら、

ここでの釣りは精神修行でメンタルを限りなく強化できる場所と言っていいだろう。

精神修行といっても高い受講料となってしまうわけだが・・・ 😥

二名津の地磯

秋冬になると青物狙いのルアーマンで賑わう二名津の地磯(写真は前回撮影したもの)

今日の二名津も若いルアーマンが何人かいて、

数分ほどファイトした後、50cmほどのヤズを釣り上げているルアーマンもいた。

また、前回の二名津釣行では

蚊に喰われ

徹夜明けでも

眠気なし

吉蔵

と、名句ができるほど悲惨な状況となったわけだが、

今日は晴天でサビキ釣りでも何匹か確保できたので前回ほど悪くなかった。

<本日(精神と時の部屋)での釣果>

タナゴ 23cm 1匹

小アジ(ヤズ用エサ) 数匹

二名津での釣りは納竿となったが、このあと佐田岬 三崎港へハシゴすることに。

つづく

最後まで愛媛の釣り情報ブログを
読んで頂きありがとうございます!

ブログランキングに参加しているので
押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA