伊予港

伊予港で太刀魚(タチウオ)釣り

愛媛県伊予港 9月18日 晴れ時々曇り

家の外を歩いてみれば、

秋の始まりを告げる心地よい風が吹くようになったと感じる今日この頃。

秋といえば、太刀魚(タチウオ)のシーズン真っ盛りで今狙いやすい時期といえる。

そこで今回、友人Yと一緒に近場の伊予港へ向かうことにした。

釣り方はいつも通りで、冷凍キビナゴを使用したウキ釣りである。

9月18日夕方5時前、愛媛県の伊予港に到着。

車から降りて今日の釣り場となる外港側を覗いてみると

伊予港

なかなか良い雰囲気の釣り場である。

ただ外港向きには大量のテトラポットが積み上げられており、移動には注意が必要だ。

ちなみに内港側を見てみると、こんな感じ。

伊予港

向こう岸の外灯周辺は、過去にエギ(餌木)を使って初めてイカを釣った思い出の場所でもある。

だが初めてイカを釣ったのは、10年以上も前の話なので今も釣れるのか少々不安になっていた。

夕方5時頃、テトラポットの上から冷凍キビナゴを使ってウキ釣りを開始。

伊予港で外港向きに投げるのは初めてでタナが少し分かりにくいが

竿1本ほどのところでウキ止めを付けて攻めてみることにした 。

釣りを開始して1時間ほど経ったところで夕まずめを迎えた。

瀬戸内海の夕日

伊予港から外向きに望む夕暮れは美しい。

これぞ美しき瀬戸内海!

今日は愛用のデジタルカメラを持ってくるのを忘れてしまったが、

携帯による写真撮影でも綺麗に撮れたので安心した。

う~む

この美しき情景にボーッと見とれてしまっている間にどうやら

つまらぬものを引っ掛けてしまったようだ。。。

どこからともなく、どんぶらこ、どんぶらこと流れてきた

特大のゴミ袋にウキを引っ掛けてしまった(泣

釣り川柳

夕暮れに

見とれてしまい

ゴミ掛ける
吉蔵

気を取り直し、再び太刀魚釣りを開始。

それからまたしばらく経ってタナを変更するか悩み始めた瞬間

突然ドラマは起き・・・

ない!

仕掛けを回収すると

キビナゴの一部に齧られた痕が残った状態

で上がってきた。

齧られた痕を見る限り、

太刀魚のように豪快に喰いちぎられたのではなく、イカが喰いついた痕のように見えた。

太刀魚釣りを開始してから約3時間経過したところで終了。

前回に引き続き、今回もボウズに終わってしまった。

ただ今回の釣り場は近場だったこともあり、

前回のような自己史上最大の試練には至らなかった

あと1ヶ月もすれば、この場所もピークを迎えることだろう。

残念ながら今回はボウズに終わったが、

佐田岬と比べてエサ代も苦にならないのでいつでも来やすい場所といえる。

そして何より、

今日は携帯による写真撮影でも満足いく写真が撮れたので気持ちよく納竿することができた。

<本日(伊予港)での釣果>

ボウズ・・・

最後まで愛媛の釣り情報ブログを
読んで頂きありがとうございます!

ブログランキングに参加しているので
押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA