波平

今治のアコウ釣りに初挑戦!

2016年も愛媛の釣り情報を宜しくお願いします・・・

って書こうと思ったら早10月。

今後は簡単に更新できるよう、過去ログ含めて新しいブログにまとめているところです。

長い間お待たせして申し訳ありません。

実は2016年の今年も、3月から5月に何度か三瓶に足を運ぶも全敗(ボウズ)。
2012年から2013年の好釣果と比べて散々な内容にホームページを更新する気も起こらず
家で黙々とテレビ鑑賞する日々を送っていた。

するとある日の夜のこと。
就寝中だったワシの枕元に、どこかで見たような紳士が突如現れ、こう言い放った。

波平

「は!もう秋がきているというのに、だらだらと余生を送っている場合じゃない。」

だらだらと余生を送りたくないが、三瓶でボウズにもなりたくない・・・

悩んだ挙句、息子の義則に相談してみると、

タオルソムリエ義則

タオルソムリエの資格を持っている息子の義則は今治をゴリ押ししてきた。

タオル生産地の今治を盛り上げたいという義則の思いもあるのだろう。

ワシは早速ネットサーフィンで「今治 釣り」をキーワードに検索してみたところ、出るわ出るわ。どうやら今治では水深の深いところを狙うとアコウが釣れるというのだ。

まぁ確かに西予市三瓶町までの移動時間と比べれば今治だと約半分。
そのうえ、幻の魚といわれるアコウまで釣れれば全く問題ない。

ということで今回は初今治の投げ釣りに挑戦することにした! 😀

アコウ釣りで今治へ出発!

そして2016年9月27日午後7時頃、息子の義則と共に今治へ出発。

途中で釣具屋に寄り、本虫を1500円分購入。

この日行く予定にしていた来島海峡大橋周辺は潮が激流と聞いていたので、仕掛けを遠投型から胴付きに変更。

吉蔵の投げ釣り仕掛け(しまなみ海道版)

>> 【 楽天市場 】ハヤブサ(HAYABUSA) アコウ・キジハタ根魚仕掛 SD765 針12号−ハリス6号

 

そして途中で夜食休憩を挟み、午後9時前には目的地(今治の某所)に到着。

到着すると同時に雨がポツポツと降り始めた。

それにしても一般道経由で片道3時間近くかかる三瓶と比べれば本当に着くのが早い。

雨が気になるが、ものともせず胴付き仕掛けに25号のスパイク型の錘を付けて早速投げ釣り開始。

といっても胴付き+25号なので50~60mがやっと。このようなチョイ投げでも、ゆうに水深30~40m近くありそうなので大丈夫だろう。

午後10時を過ぎて本格的に雨が降り始める

この日に合わせてレインコートを買っていたが、功を奏したようだ。

午後10時を回ったところで本格的に雨が降り始めた。 😥

20160927_650aaaa

若い義則も、この雨はさすがに辛そうだ。

ワシと義則は根掛かりに苦戦しながら、なんとか投げ釣りを継続。

すると義則のほうで手応えを確認。上げてみるとアナゴであった。

ワシも気合を入れ直し、50m~60mのチョイ投げを継続。

すると

アコウ16cm

ようやく16cmのアコウを初ゲット

義則もさすがにこれには驚いていたようだが、小さすぎるので撮影後速やかにリリース。

リリースしてから雨がさらに激しく降り始めた。 😥

この後、ワシは継続するが、義則のほうが雨でやる気をなくして竿を片付け始める。

午後11時過ぎ、やる気を出させるアタリがようやくきた!

エイ

ドラグを鳴らすアタリに少し期待したが・・・

残念、真鯛ではなくエイであった。

釣り川柳

しまなみの

大雨耐えて

エイ釣れる

吉蔵

 

この後も容赦なく雨が降り続く。

そして午後11時半頃、義則のスマートフォンで予報を見てみると大雨注意報が出ており、止む気配もなかったので、ここで納竿とした。

今回、初アコウのサイズは小さすぎたが、ドラグを鳴らす元気良いアタリに久しぶりに緊張感を楽しむことができた。

今年の西予市三瓶町はボウズが続いているので、しばらくはここに通い続けることになるだろう。

>> 吉蔵の釣り場・今治しまなみとは

 

最後まで愛媛の釣り情報ブログを
読んで頂きありがとうございます!

ブログランキングに参加しているので
押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA