佐田岬二名津

強風と荒波を避けて佐田岬二名津のメバル釣り

佐田岬 二名津の地磯 4月1日 晴れ

長かった愛媛県佐田岬の厳寒期も終わり、

メロディラインを走れば、ほぼ満開状態の桜をあちこちで見かけるようになった。

佐田岬二名津

佐田岬の桜といえば、真っ先に思い浮かべるのは桜鯛。

佐田岬の急流で育った桜鯛は味も格別に違いない。

水温が下がりエサ盗りの比較的少ないこの時期に、カゴ釣りで狙ってみようではないか!

そう思った私は、佐田岬の二名津へ行ってみることにした。

投げ釣りで真鯛(マダイ)を狙うのも面白いが、潮が急流で根がかりも激しい。

佐田岬に行く場合は、美味しい外道も釣れるカゴ釣りがおすすめだ。

4月1日夜8時過ぎ、

フレンド松前店にてオキアミ生とジャミを購入したあと、岬 二名津に向かった。

今日は二名津中学校跡地の前を通ると、美しい夜桜が目の前に現れた。

この場所は、年末になるとイルミネーションで夜を美しく彩る。

そして夜10時頃、二名津に到着。

前回は車から降りると、木が揺れるほど強い風を見て顔が歪んだものだが

今日はほぼ無風状態である。

ヘッドライトを装着して崖を降りると、ほぼベタナギ状態の海が目の前に現れた。

今日は風がなく、海もベタナギ状態。佐田岬の地磯はこの状態が一番やりやすい。

気分上々の私は、早速カゴ釣りを開始。

今日は佐田岬の強風対策について色々と試したいこともあったので

重めのカゴ12号~15号を持ってきた。

普段使っている磯竿で、この重さのカゴを投げるのは難しいので投げ竿を使用することにした。

手持ちの投げ竿は30号しかないので、とりあえずこれで投げてみることに。

第1投目!行きま~~す!

エイッ! (^・ω・)_o/━ ━ ━ ━ ━ ━

バキッ!!

えっ!? (@Д@;

なんと第1投目で、30号の投げ竿が折れてしまったのである。

折れた竿先と仕掛は虚しく海に落ちていった。

なぜ・・・ (@Д@;

釣り川柳

竿が折れ

海を見つめて

時止まる

吉蔵

三瓶でのアナゴ格闘劇場、興居島でのデンプシーロール・・・

知らない間に投げ竿を酷使していたようだ。

今日の二名津も

「精神と時の部屋」と化しまうのか・・・

そんな嫌な予感が頭を過ぎったものの、

気を取り直し、予備の投げ竿に仕掛をセットしカゴ釣り再開。

すると・・・

今度は数投目でウキが沈み、上げると20cmオーバーのメバルが掛かっていた。

カゴ釣り第1投目で竿が折れたものの、予備の竿に切り替え

午後10時から3時間の間にメバルが7匹ほど好調に釣れた。

しかし深夜1時を過ぎると潮が完全に止まってしまい、

軽く「精神と時の部屋」状態が続いた。

午前2時、3時・・・

午前4時を回ったところで、ようやく潮が動き出してウキが元気良く沈んだ。

「お、真鯛(マダイ)が来たか?」と期待しつつ上げてみると再びメバル。

この日最大となる28cmのメバルであった。

そして今日も朝まずめタイムを無事迎えたものの、

メバルやカサゴ(ホゴ)は好調に釣れたが、本命の真鯛(マダイ)が顔を出すことはなかった。

また、3月4月は水温が下がるのでアジが釣れることもなかった。

佐田岬二名津

佐田岬の地磯風景はいつ見ても美しい。

地磯からの眺めを楽しみながらアタリを待てるところが、佐田岬の釣りの醍醐味だと言えるだろう。

厳寒期の二名津であれば、6時半くらいまではエサ盗りが現れにくいものだが・・・

今日は5時半を過ぎたところで周りが明るくなり、サシエも齧られるようになった。

さらに午前6時の満潮時刻を過ぎ、7時を迎えたところで潮が激流と化した。

釣り辛い時間帯にはなってきたものの

7時から納竿の8時までの間に、20cmオーバーのメバルをさらに2匹追加した。

帰る頃には、メバリング目的らしいルアーマンが数人いて賑わっていた。

そして今日は地磯から崖を登ったところで写真撮影。

佐田岬のメバル釣り

本日はメバル爆釣祭りだったので、当然バッカンの上に置くだけでは納まりきれず。

改めて撮影しなおすと・・・

佐田岬のメバル釣り

どんだけ・・・

釣り川柳

カゴ釣りで

外道が来るも

春告魚(メバル)よの

吉蔵

<本日(精神と時の部屋)での釣果>

メバル 20cm前後~28cmまで 推定10匹以上20匹未満

カサゴ(ホゴ) 22cm

投げ竿 1本破損

松山から佐田岬への単独釣行は、ガソリン代を含め1回5,000円ほどかかる。

同僚と同行しても4,000円近くかかり、ボウズが続くと痛い出費だ。

美味しい外道も釣りやすい時期を狙って通うのが無難だろう。

最後まで愛媛の釣り情報ブログを
読んで頂きありがとうございます!

ブログランキングに参加しているので
押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA