三瓶港

三瓶町で投げ釣り!吉蔵とアナゴの格闘劇場

愛媛県西予市三瓶町 2月26日 曇のち晴れ

寒い寒い日々が続いた1月・2月だったが、ようやく暖かさを感じるようになった今日この頃。

島釣行シリーズも少し飽きてきたので、今回は場所を変えてみることにした。

今回向かったのは、愛媛県西予市三瓶町

三瓶町への釣行は、ほぼ10年振りとなるのだが

過去に良型真鯛(マダイ)を釣ったことがあり、今回も期待に胸を膨らませ行くことになった。

2月26日昼12過ぎ、松山を出発。

途中、釣具屋フレンド松前店に寄り、本虫並1300円と青虫500円分購入。

今回はさらにジャミを250円分も購入した。

西予市三瓶町下泊への釣行は、佐田岬長浜や二名津より場所が近いとはいえ、

投げ釣り用の仕掛や夕食を買い、さらに今回のガソリン代を含めると合計7,000円もかかった。

今回、なるべくボウズのリスクを減らしたいと考え

アジ泳がせによるモイカ釣りにも挑戦してみることにした。

エサを購入後、長浜経由で片道約80kをひた走ると、三瓶港が見えてきた。

三瓶港

ほのぼのした雰囲気の三瓶港。

アジの数釣りで有名な場所だが、日曜日なのに釣り人らしき人は発見できず・・・

下泊漁港

こちらは三瓶町の有太刀(あらたち)・蔵貫浦(くらぬきうら)付近。

佐田岬と同じような良い雰囲気が漂う。

今回の目的地は下泊なのでさらに先へと進むことに。

三瓶町の有太刀(あらたち)

三瓶港から海沿いを12k進むと、ようやく下泊漁港が見えてきた。

チヌ50cm級、真鯛80cm級の実績がある好ポイントだ。

昼間だったので目的地の到着に時間かかったが

15:00過ぎ、ジャミを使ったサビキ釣りをようやく開始。

さ~て、モイカ用のエサ(アジ)を大量確保するぞ!とバッカンに海水を入れてアタリを待つものの

アジが釣れない。なぜ・・・!? (@Д@;

アジのアタリをひたすら待つが

16:00、17:00・・・全くアタリなし。

やばいやばい、7,000円もかけて三瓶町まで来たのにボウズは勘弁して~

と、投げ竿を急いでセットし1本出すことにした。

エイッ! (^・ω・)_o/━ ━ ━ ━ ━ ━

しばらく置き竿にして回収してみると

1投目からベラが釣れた。なぜ・・・!? (@Д@;

18:00を回ったところで、

アジが釣れないなら、ベラの泳がせ釣りも面白いかも?と考えるようになり

サビキ釣りをいったんやめて投げ竿2本で攻めることにした。

すると周りが暗くなり始めた18:30頃、

突然ドラマは起こった!

先程投げた仕掛を回収しようとするが、重い重い。

レフコ松山衣山店で有酸素運動30分、筋力トレーニング20分、サウナ風呂10分と

毎日体を鍛えているはずなのに本当に重いのである。

特大の藻でも掛かったかと苦笑いしながら上げてみると・・・

真鯛39cm

39cmの真鯛(マダイ)であった。

しかも釣り具を出したまま散らかしてしまっている状態の図

釣り川柳

散らかせば

がつんと怒る

わしの嫁

吉蔵の嫁

この鯛をきっかけに、真鯛フィーバー到来!・・・と書きたいところだが

到来したのは真鯛フィーバーでなく、

アナゴフィーバーであった。

気合を入れて仕掛を

投入!投入!投入!

しかし返って来たのは・・・

アナゴ!アナゴ!アナゴ~ゴ~ゴ~っ! (@Д@;

要らないっす 😥

吉蔵とアナゴの格闘劇場が始まり、早3時間経過。

絶望ムードが漂っていた22時頃、

ようやく27cmの真鯛(マダイ)が釣れた。

そして午前0時頃、

吉蔵とアナゴの格闘劇場は無事終了し、アタリも途絶えてしまったので納竿。

 

<本日(三瓶町)での釣果>

真鯛(マダイ) 39cm 1匹

真鯛(マダイ) 27cm 1匹

アナゴアナゴアナゴ 多数・・・ リリース

ベラ 1匹・・・ リリース

最後まで愛媛の釣り情報ブログを
読んで頂きありがとうございます!

ブログランキングに参加しているので
押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA