興居島の由良漁港

興居島の投げ釣り 由良港~門田漁港

興居島 由良港~門田漁港 1月21日 曇りのち雨
わしの名は吉蔵

今日は人生で最も長い1日になりそうだ・・・

シリーズ第2弾の場所として選んだのは、愛媛県の興居島 由良港方面

先週、島の初釣行の場所として中島を選んだが、

思ったよりフェリー往復料金が高額になってしまった為に

今回さらに安い興居島を選択した。

1月21日午前6時15分頃、興居島(ごごしま)行きのフェリーに乗り、松山 高浜港を出発

由良港に着いた私は、波止の先端付近に竿受けを立てることにした。

興居島の由良港

島での釣りは今回で2回目となるが

大物が来そうな雰囲気があって面白い。

掛かる魚が大物であれば大歓迎だが、

私が海の三大魔物として位置付けしている、

海毛虫、ゴンズイ、エイなどが釣れるのは勘弁してほしいものだ。

午前7時30分頃、エサ盗りや根がかりに苦戦しながらも

20cm前後のキスを1匹確保。

そして午前8時頃、ドラマは突然起こった。

向こう側に置いていた竿の仕掛を回収しようとするが重い重い。

普段30号のオモリを使用しているので

ベラやフグなど掛かっていても、引きなど殆ど感じる間もなく回収してしまうのだが

今回は、確かな強い引きを感じる。

時々リールを回す手を止められるほどの確かな手応え。

すると何やら赤くて大きな魚影が見えてきた。

鯛か?甘鯛か?赤い彗星か?

興居島由良港のコブダイ

一瞬赤い魚影を見てニヤリとしたが、上がったのは

42cmのコブダイであった。

夢を一瞬だけ見させてくれてありがとな(苦笑)

写真を撮ったあと、このコブダイはリリースすることにした。

カゴ釣り以外の釣りで、これほど強い引きを感じたのは本当に久し振りだ。

以前、八幡浜の投げ釣りで釣った42cmの真鯛も重かったものの

このコブダイほど強い引きはなかった。

さて・・・

気を取り直し、再び投げ釣りを開始すると

向こうに置いていた竿が、今度は何もかかっていないのに竿受けごと倒れてしまった。

しかもその衝撃で・・・

投げ竿トップガイド破損

竿受けが倒れると同時に

投げ竿のトップガイドが折れてしまった。

なぜ・・・!? (@Д@;

帰りに釣具屋フレンドに寄り、若い店員に修理を依頼すると

4~5分程で修理完了した。流石に早い。

しかも修理代が300円ちょっと。これはお安い。

午前9時過ぎ、エサ盗りや根がかりと格闘していると

向こうから親切そうなお爺さんがやって来て、話しかけて来た。

カレイが釣れていないことを話すとお爺さんは、

こんなところじゃ釣れんで~

門田行きなさいや

門田なら鯛やハマチが上がっとるがな~

などと、やたら門田という言葉を強調して言うと

すぐにその場から去って行った。

興居島の由良港

門田には一体何があるのだろうか。

今朝のコブダイを超える引きを味わえるというのなら行ってみようではないか。

覚悟を決めた私は、場所移動することにした。

そして・・・

門田漁港

10分程度歩いて門田漁港に到着。

波止にはイカ墨の跡が所々に残っており、コンディションも良さそうだ。

今日も投げ竿2本の他にエギング用のタックルも用意して来ているのだが

雨がぽつぽつと降り始めていたので、投げ竿2本のみで開始した。

午前10時頃から開始して

60m~80mと、80m~100mとで投げ分ける。

午前11時、12時・・・

昼には雨が強くなり、エサ盗りのアタリも完全に途絶えてしまった。

先程のお爺さんに案内されて来た門田漁港であったが

残念ながら、ここでの釣果は海毛虫1匹のみとなった。

なぜ・・・!? (@Д@;

午後12時半頃、雨が止みそうにないので無念の納竿。

釣り川柳

興居島で

爺に釣られて

毛虫のみ

吉蔵

<本日(興居島)での釣果>

キス 20cm前後 1匹

コブダイ 42cm(撮影後リリース)

チャリコ 20cm未満 1匹(リリース)

毛虫 1匹

わしの名は吉蔵バウアー

次の釣行も人生で最も長い1日になりそうだ・・・

>> 肱川の肱川あらしと沖浦漁港に移動する。

最後まで愛媛の釣り情報ブログを
読んで頂きありがとうございます!

ブログランキングに参加しているので
押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA