佐田岬

佐田岬の釣り場

吉蔵にとって釣り場の中で思い入れ強いのが佐田岬。

特に佐田岬先端付近は、息子の義則がまだ若かった頃から通っていた釣り場ポイントである。

佐田岬

2015年11月4日に撮影した佐田岬先端付近。

遊歩道へと続く駐車場付近で撮影した佐田岬の光景である。

この駐車場から少し手前に有名な釣り場ポイントがいくつかあり、昔は義則と二人でよく通ったものだ。

義則が釣ったスズキ80cm

2000年1月11日に息子の義則が釣ったスズキ80cm。

義則がこのスズキを釣り上げる前にワシもヒットしたが、スズキ特有のエラ洗いで5号のハリスを簡単に切られてしまった 😥

このような大物は、アジがいなくなる厳寒期しか狙えないのが難点だ。

佐田岬半島を紹介する動画。

残念ながらワシはサイクリングしないのであしからず 😥

佐田岬の大サバ

年末になると佐田岬に大サバが回ってくる

佐田岬の名物といえば写真左の瀬戸アジかもしれないが、釣って楽しいのは右の大サバだ。

運がよければ年末に大サバが回遊してきたタイミングを狙ってジャミなどを使って釣ることができる。

このクラスになるとドラグを鳴らされ続けるのでヤズ(ハマチ)のようなファイトが楽しめる。

佐田岬の真鯛釣り

なんといっても本命は真鯛!

佐田岬といえば真鯛!というくらい本命になる真鯛。

だがしかし、佐田岬の激流だと仕掛けがすぐに底から浮いてしまうし、ピンポイントでタナを合わせ続けるのは困難を極める。

さらに昔と比べ、年々外道の個体数も増えているようで、アジが入れ食い状態。

大サバを狙うついでに、できれば真鯛もといった感じで釣行するのが気楽といえる。

もちろん、いつ大物が掛かってもいいように、仕掛けは手抜きしないようにしたい。

鯛めし

運よく鯛を仕留めれば食卓も豪華絢爛!酒が旨い夜になるじゃろう。

※写真は南楽園の某料理屋で撮影したものです。

>> 釣り人ご用達店の料理人が教えるカンタン釣魚料理【電子書籍】